銀行にキャッシングのブラックリストへなることの影響

キャッシングブラックリストで銀行ローン審査が困難になるのか

クレジットカードのキャッシングで、一度、ブラックリストになってしまえば、銀行のカードローンや住宅ローン、自動車ローンの審査が難しくなるのでしょうか?

ブラックリストというペナルティは、他のローンの審査に悪影響をあたえることは確かです。

他の信用情報で、しっかりと返済した経験のない人にお金を貸せるはずがありません。

それほど、お金を借りる方とお金を貸す方は、互いの信用を大事にします。

ただ、ちょっとだけ返済が遅れた程度なら、温情で許してくれる場合もあります。

あくまでも、ブラックリストになることで、銀行の審査に通らなくなったのではなく、通りにくくなるというだけです。

クレジットカードの支払いの延滞や個人再生・任意整理、自己破産へと段階がエスカレートしていくにつれて、信用情報機関にブラックリストの登録という不名誉に近づいていきます。

しかし、わずかに返済が遅れたり、リボ払いが残っていた時でも、ブラックリストには該当しないので、大丈夫です。

ただし、過去5年の間に、下記のことがあったときにはブラックリストに該当してしまいます。

・債務整理
・自己破産(この場合は過去10年の間)
・カードローンまたはキャッシングの支払いの遅れが61日を超えたとき
・住宅ローンや自動車ローンなどの多目的なローンの支払いの遅れが61日を超えたとき

このパターンなら、銀行のローン審査は難しくなってくるでしょう。
仮に、これらのブラックリストの期間を超えて、収入がある場合は、審査が再び通過する可能性があります。

しかし、いくらブラックリストを通過したからといって、無職である場合のローン審査はまず無理です。

キャッシングの借金がまだある方は、返済したタイミングをみはからって、銀行のローンに申し込みするようにしましょう。

ブラックリストを具体的に考察する

ブラックリストは、クレジットカードの返済期限を超えて支払い不能になった場合や、弁護士などの相談のもと債務整理を行った場合に、信用情報機関に金融事故として記録された状態のことを意味します。

前に紹介しましたが、ブラックリストになる条件をより整理された状況で見ると、下記のようになります。

・スマートフォン本体代金やクレジットカード、カードローンの返済の延滞
・クレジットカードが強制的に解約された時
・代位返済(保証会社の代理返済が実施されたとき)
・債務整理(具体的には自己破産、個人再生、任意整理が行われたとき)

ブラックリストの一番やっかいなところは、借金を完全に返済するまでは、ブラックリスト解消してから5年~10年を、期間開始としてカウントされないところです。

債務がある限り、他社のクレジットカード会社や消費者金融や銀行のカードローンから、ブラックリストであるため、借りることもできず、地道に働いて返すしかないのです。

ここで、気をつけなければならないのは、違法の金利の闇金に手をだせば、ブラックリストでも貸してくれますが、債務整理しても、暴力的な手段でお金を取り返そうとするので、闇金は避けなければならない点です。

どうしても無理な借金であるならば、素直に債務整理しましょう。

支払いの延滞でも、61日未満に支払いが終わるときは、ブラックリストには入らないので、安心してください。

銀行は、過去の金融事故を参考にして審査を行おうとします。

そうなると、ただでさえ、ブラックリストに該当してしまっているときは、銀行のローン審査に通りにくいです。

クレジットカードのキャッシングも同様に難しくなります。

住宅や自動車がすぐ欲しいときがあっても、ローンの審査がブラックリスト入りで難しいときは、長期間、諦めなければならないでしょう。

ブラックリストの記録が信用情報機関から消えたあとについて

ブラックリストの金融事故の情報は、普通、5年経てば信用情報機関から消えることとなります。

金融事故の情報さえ消えることになれば、銀行やクレジットカード会社、消費者金融は、新たに申し込んだ者のブラックリスト入りが分からなくなるのです。

なので、金融事故から5年経てば、クレジットカードも新しく発行できますし、カードローンや住宅ローン、自動車ローンも契約することができます。

ただし、自己破産のブラックリスト入りだけは、10年信用情報機関に登録されることになるので、注意しましょう。

ただし、審査がきつめのクレジットカードや、銀行のローンには、ブラックリスト登録抹消後に申し込んでも、審査が通らないことがあります。

なぜなら、ブラックリストの間の返済記録が完全に消えているからです。

それを怪しいと思った審査機関は、昔、金融事故を起こしたんじゃないかと思い、審査を通りにくくするでしょう。

そのため、ブラックリストが解消されたばかりのときは、審査が通りやすいと評判な借り入れ先を選ぶようにしましょう。

あまりにも、高額できつめの返済能力を要求する借り入れ先では、審査通過に無理がありますので、注意してください。

楽天カードのキャッシングでかかる銀行やコンビニ側の手数料

楽天カードでかかる国内・海外でのATM・CDの手数料

楽天カードで、銀行やコンビニから、キャッシングするときにお借入れが1万円以下の場合、手数料は110円です。

お借入れが1万円を超えるなら、利用手数料は220円となります。

海外なら手数料が高くつきそうですが、国内と一律同じなのがすごいところです。

さらに、これは、キャッシュカードでもある楽天銀行のVISA、JCBのデビットカードを使えば、国内外のATMで金銭を手数料無料で得ることができます。

ところが、海外ATM設置銀行が独自にかかる手数料を必要とすることもあるので、注意してください。

この場合は、楽天銀行の口座開設が必要で、借り入れ額とは違います。

しかし、入出金で楽天銀行の口座から、楽天カードで借金した額を返済していくときに役立つ知識です。

世界にある主要空港や観光地、都会、コンビニに設置してあるATMで、デビット用暗証番号4ケタを入力すると、必要なお金を引き出せます。

海外ATMの最大利用限度額は、1日で最大20万円となります。

楽天デビットカードの利用限度額が10万円のときは、その限度額以内じゃないと出金できません。

楽天カードのキャッシングで気をつけるべき手数料と利息

銀行やコンビニからお金は簡単に得ることができますが、キャッシング初心者が気をつけたいことに意外にかかる予備費用の問題があります。

分かりやすいものに、キャッシングで借り入れをするときのATM・CDの手数料がそうですが、最も警戒しなければならないのが利息です。

楽天カードは、お金が必要なときに審査に時間を要するため、消費者金融のカードローンより不便な点があります。

また、利息が借り入れた初日に発生し、無利息キャンペーンなどのサービスがありません。

ただし、それでも、楽天カードを使いたいというのは、カードローンに比べ、手軽に利用できるからだと思います。

利息は、最大18.0%もかかるので、痛手にはなってくるでしょう。

ただ、短期間で支払いをすませられるときは、楽天カードを使う方がお得です。

1回払いでまとめて借金とはおさらばできます。

借り入れ金を長期間かけて返済していくとなると、どうしてもカードローンの方が有利になります。

カードローンでは、大きな借金をする傾向が強いので、心理的な負担は強くなります。

しかし、クレジットカードに比べれば、安い利息で少しずつ返済をしていけばいいのです。

本当にクレジットカードでの現金の引き出しは損なのか

クレジットカードで買い物をするのみではなく、お金を引き出すことも可能です。

この行為をキャッシングといいますが、クレジットカードでのキャッシングが最良の借り方なのでしょうか?

キャッシングのほかにも、銀行のカードローンや消費者金融などもあります。

クレジットカードの特徴として、借りる分が比較的少額なため、カードローンや消費者金融に比べると、借りるハードルが低いことが利点です。

電話、インターネットで、キャッシングの申し込みをすることで、指定した口座に振り込んでもらえたりもします。

そして、クレジットカードは、上記の通り、短期で、1回払いで返済するやり方が一番効率的ではあります。

しかも、返済が終われば、何回も借り入れをすれば、連続でお金を借りることも可能です。

ただし、クレジットカードを使って借りるごとに高い金利や出金手数料が重くのしかかってきます。

なので、クレジットカードの1回の返済が長期に長引くほど不利になります。

これをリボ払いにしてしまうと、余計な手数料が月ごとにかかってきます。

銀行のカードローンや消費者金融の場合は、1回の申し込みに手間がかかります。

銀行のキャッシュカードと借り入れ用のカードが一緒だったりすることもあるのです。

その代わり、1回で借り入れる額は多めに用意することができます。

銀行のカードローンなら500万円~800万円、消費者金融なら200万円~500万円あたりです。

クレジットカードは、申し込みの時点から審査が終わっているので、カードがある限り、限度額内なら好きに使えます。

ただ、借り入れ限度額が、楽天カードなら90万円以内など、少なくなってしまいます。

しかし、銀行のカードローンや消費者金融は、借り入れがあるごとに審査が必要となります。

例えば、利用者が事業をやっていて、必要な資金を手にいれるまで取引の期限を延ばしてもらわないといけないときもあります。

こうした場合、カードローンでは機動性に欠けるので、うまく活用できないと思います。

複数のクレジットカードで借り入れして、その合計額で必要な資金を集める裏技もあります。

ただし、これは、高金利と高い手数料がダブルで負担となるので、気をつけてください。

それに、複数のクレジットカード会社を1社でも延滞してしまうと、信用情報に傷がつきます。

最悪、ブラックリストに登録されるので、リスクの高い借り方だと覚えておきましょう。

このように、クレジットカードが損になるかは使い方次第で決まります。

楽天カードのキャッシングで銀行などから利用されるATMやCD

楽天カードのキャッシングで銀行やコンビニのATMやCDから現金を得る方法

楽天カードでキャッシングをするときは、近くにあるコンビニや都会の駅、郵便局、銀行のATMやCDで利用することができます。

そのとき、楽天カードの4ケタの暗証番号が必要になります。

申し込み時のメモや楽天e-NAVIで暗証番号は確認することができます。

ちなみに、ATMとは現金自動預払機のことで、CDとは現金自動支払機のことを指します。

キャッシングのご利用単位は10,000円単位です。

当然、1回のご利用で、1回払いかリボ払いか選択することができます。

キャッシングでご利用することのできる金融機関は、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行が代表的です。

それ以外にも、利用できる地方銀行がたくさんあります。

口座をすでに持っている可能性があるので、安心してください。

信用金庫・信用組合でも利用できるほどの幅の広さです。

銀行だけでも、どこでも手軽にキャッシングができるのが、楽天カードの強みだといえます。

また、セブンイレブン、ローソン、サークルケーサンクス、デイリーヤマザキ、ファミリーマートなど、コンビニATMからのキャッシングもできるのです。

では、実際に、ATMやCDを使って、キャッシングを実際にやってみましょう。

まず、ご近くの銀行やコンビニに向かいます。

そこに、ATMやCDがあるので、楽天カードを挿入してください。

次に、ご希望のお取引を選択することになります。

ご出金(借り入れ)のボタンを押します。

そこから4ケタの暗証番号を入力していくことになるので、間違えないよう正確に入力してください。

何度も間違えると、カード再発行になる恐れがあります。

暗証番号が合っていたら、借り入れの金額を入力します。

そして、1回払いかリボルビング払いかを選んでください。

その後、楽天カードと明細表が返ってきます。

同時に希望する金額の現金もでてくるので忘れないようにしてください。

海外での楽天カードのキャッシングも、言語が違うだけで、同じように対応していただければ、お金を借りることができます。

これで、楽天カードを使ったATMとCDのキャッシング利用方法を終わります。

楽天カードのキャッシングが利用できないときの対処法

ここまで、楽天カードのATM・CDにおけるキャッシングの利用方法を紹介しました。

しかし、ときにはトラブルでキャッシングができない場合があります。

まず、初歩的なミスとしてキャッシング枠が設定されたと思い込んでいたが、実際には設定されていなかったというパターンです。

これは、楽天カード発行の書類や、楽天e-NAVIでキャッシング設定を確認できますので、忘れないように注意しましょう。

また、ショッピング枠を使いすぎているために、キャッシング枠が使えない場合があります。

上限金額に注意しながら、計画的にショッピング枠とキャッシング枠を使えるようにしてください。

あと、銀行やコンビニのATMやCDによって、使い方が多少異なることがございます。

押すボタンなど間違えないようにしましょう。

あとは、楽天カードの返済や支払いが遅れた場合に、キャッシングが使えなくなるときがあります。

延滞が2~3カ月続いたら、信用情報機関に延滞の情報が新たに登録されることになります。

最悪、ブラックリストになることになるので、つまらないことで返済が遅れないよう注意してください。

また、楽天カードを発行されさえすれば、その後は好きなだけ借金してもいいというわけではありません。

当然、定期的に他社の借金の調査や自己破産をあらたにしたのかなど問い合わせが行われます。

もし、違反した場合は、キャッシング自体止められてしまうこともあるわけです。

更新時に、楽天カードの利用停止やキャッシング枠の減額も行われかねません。

借金は、計画的にご利用しましょう。

最後に、これはどうしようもないケースですが、カードの磁気不良でATMやCDが使えないことがあります。

こうなったら、楽天カード側で無料で新品に変えてもらうことができます。

楽天e-NAVIから各種申し込みメニューのカードの作り直しを選択しましょう。

暗証番号のミスを何回もした場合もそうです。

ただし、これは、楽天カードがICチップ付きの場合で、磁気で読み取る方式だと間違った翌日以降に利用ができます。

楽天カードのキャッシングの返済方法

楽天カードでキャッシングした分は、自動的に決まった日である翌月27日に口座引き落しとなります。

くれぐれも、返済日までに対象口座に入金するようにしてください。

あとから、支払い方法をリボ払いに変更することもできます。

楽天カードの1回払いの返済にかかる期間は、最長で60日となります。

リボ払いなら、利用額が30万円以下なら最長3年以内、30万円超えなら最長5年以内になります。