キャッシングとカードローンの違いをVisaのカードで検証

キャッシングとカードローンの違いとは(Visaのクレジットカードの場合)

キャッシングとカードローンは似たところもありますので、同じに見られやすいです。

両方とも、カードを使ってお金を借りる点では同じだからです。

しかし、これらは違う点がたくさんあります。

さらに、個人の状態によって、キャッシングとカードローンが適している場面が異なってくるのです。

キャッシングとカードローンは別々のサービスで、支払う金利が異なってきます。

まず、クレジットカードに付いているサービスであるキャッシングに関して説明していきます。

金銭を借り入れするのがキャッシングですが、これはクレジットカードに付いているキャッシングの機能なのです。

たった1枚のクレジットカードでショッピングもキャッシングも行うことができます。

取引量世界一のVisaのクレジットカードであれば、海外や日本中の銀行から、郵便局、コンビニのATMで、普通の銀行のキャッシュカードのように、手軽に利用できます。

国際的なブランドとして、Visaのクレジットカードは有名ですので、どこでもネットワーク決済ができるのです。

キャッシングの返済方法は、1回払い、リボ払いがあります。

リボ払いは、リボルビング払いのことを示しており、月ごとに一定のお金を支払います。

キャッシングでは、カードローンより借り入れ限度額は100万円に到達しない金額であり、高めの金利が設定されているのです。

一方、カードローンとは、借り入れることのみに設計された金融商品です。

銀行やクレジットカード会社、消費者金融など、多くの会社から提供をうけているのがカードローンです。

ATMから借り入れる形のみではなく、決められた金融機関の口座に指定された金額を振り込まれるという借り入れの方法もあります。

限度額の範囲ならば、何回でも借り入れることができます。

限度額は、キャッシングの場合より高額になることもあり、審査が良ければ、数百万円借りることだって可能です。

返済のやり方は、リボ払いが一般的です。

支払いの返済日に一定額が銀行口座から自動的に引き落しされます。

もし、思わぬ収入があったときは、繰り上げ返済だってすることが可能です。

キャッシングよりも、金利は低く設定されております。

以上が、キャッシングとカードローンのそれぞれの違いと特徴です。

キャッシングとカードローンの具体的な金利の違い

キャッシングとカードローンでは、借りられる限度額に違いがありますが、審査によってはあまり大差のない限度額になる場合がります。

そのとき、キャッシングとカードローンでの一番大きな違いは金利となるのです。

普通は、借り入れご利用額が高いと金利は低めになり、ご利用額が高くなると金利は高めになってきます。

それと、審査で、場合によっては最高金利を運悪く適用されるときだってあるのです。

その最悪の事態に備えるうえで、キャッシングとカードローンの最高金利で比較してみましょう。

キャッシングの場合、たいていの金利は、18.0%あたりであることが多いです。

カードローンでは、大まかな金利が、15.0%となってきます。

両社の金利を見ると、キャッシングの方が金利は高いです。

これは、カードローンに1回払いが認められてないことや、長期利息がとられる形になっていることが大きいからです。

また、カードローンは、数百万円の借り入れですから、キャッシングの数十万円より金利を安くする傾向にあります。

キャッシングとカードローンのうまい使い分け方

ここでは、どういった場合に、キャッシングが得か、カードローンが使うと安くすむかを考えていきたいと思います。

クレジットカードでのキャッシングを利用しようとするときは、借り入れ額も少額を求めていて、借り入れ経験があまりない場合です。

クレジットカードのキャッシングには翌月1回払いというやり方があるので、少額だけかりて、翌月に全額返済というやり方が適しています。

それに、カードローンに比べて、コンビニや銀行のATMなどで軽い感覚で借り入れをすることができます。

なので、借り入れに慣れてない方は、最初に、クレジットカードのキャッシングから始めてみればいいでしょう。

それとは対照的に、何回も借金経験があり、計画的に返済できる能力のある人、大きな額を借り入れしたい方は、借り入れが専門のカードローンの利用に適しています。

クレジットカードのキャッシングよりも金利が低く、大きい限度額まで何回でも借金できます。

それに、月ごとの返済額は一定のラインで固定されており、返済計画もたてやすいです。

借金が初めての人は、リボ払いは、プレッシャーのかかる返済方法なので、キャッシングの方をおすすめします。

どちらかといえば、ある程度の借金経験者は、資金力のあるカードローンの方がいいのかもしれません。

最終的に、キャッシングとカードローンのどちらかのサービスを使うかは、自分の返済能力や生活スタイル、メンタルなどによって、慎重に決めていってください。

楽天のカードローンとキャッシングの違いとは?

楽天におけるカードローンとキャッシングの内容の違い

楽天カードを使っていくうえで、キャッシングだけを使っていても、借りられる額に限度があり、金利を少なくしたいと思うときがあるかもしれません。

そんなときに有効なのがカードローンなのです。

例えば、楽天銀行のカードローンは、限度額が10万円~800万円で金利が1.9%~14.5%です。

楽天カードのキャッシングのときは、限度額が10万円~100万円で金利150.0%~18.0%になります。

住宅や自動車が必要になったりするときに、貯金がたりなければ申請すると便利です。

キャッシングというのは、クレジットカードの機能のひとつにすぎません。

カードローンは、消費者金融や銀行が主体となっています。

法人にお金を貸すための融資が銀行では行われていますが、これを個人に限定したものがカードローンです。

返済は、主にローン専用のカードで実施することになります。

返済方法は、キャッシングがクレジットカードの口座引き落しだけに対して、カードローンは口座引き落しも含めて提携のATMやインターネットでも返済ができるのです。

ただ、難点なのが資金の支払い方です。

キャッシングが翌月1回払いと残高を月ごとに分けたリボ払いを採用しているのに、カードローンはリボ払いしか支払方法がありません。

それは、キャッシングとは違い、借りるお金の規模が大きくなるので、なかなか1回払いですませるには難しい事情が関係しています。

ローンといえば、支払いが終わるまで長期化することが普通です。

リボ払いとなると、月々の支払いで追加料金が必要になってきます。

金利がクレジットカードのキャッシングより低い代わりに、リボ払いで利益をあげるのがカードローンの特徴といえるでしょう。

キャッシングで満足できない方におすすめのカードローン

大手カードローンでまず頭に思い浮かぶのは、「アコム」と「プロミス」だと思います。

どちらも有名ですが、借り入れのしやすさからプロミスをお勧めします。

プロミスは、スマホATMやカードレス契約もでき、カードを使わずに自由に取引ができます。

さらに、上限金利もアコムより低いです。

アコムが年金利3.0%~18.0%に対し、プロミスは年金利4.5%~17.8%になります。

下限金利は、アコムの方が低いですが、これは最高限度額借りて、長期間カードローンを利用した場合です。

プロミスは、最短30分でその日に審査をうけることができ、1時間で個人への融資を決定するという対応の早さがうりです。

そして、30日間利息なしで借り入れをすることができます。

アコムと違い、郵送物もありませんので、家族にばれる心配もありません。

収入証明書が50万円以下の借り入れのとき、提出しなくてもかまいません。

プロミスとは、株式会社プロミスからの名称からそう呼びました。

しかし、三井住友フィナンシャルグループの完全子会社となった影響から、名称が「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」と変更になりました。

そのため、三井住友銀行の口座があれば、24時間365日融資が可能になります。

そうだとしても、プロミスのブランド名は変わりません。

主婦・学生の方でも、パートやアルバイトで定期的な収入が見込めるなら借り入れることが可能です。

また、プロミスは独自の企画として、レディースキャッシングを行っております。

男性に相談しにくい内容も、女性オペレーターによる安心の対応がなされています。

24時間インターネットで、お気軽に申し込むことができます。

お仕事や子育てで忙くて店舗に行けない女性に向けたサービスです。

カードローンの借り入れ限度額について

カードローンの借り入れ限度額は、色々な要素を総合的に判断して決定されます。

貸金業法で規定されている総量規制により、年収の3分の1の金額を超えた分の貸し付けはできません。

年収や職業の安定度も借り入れ限度額を決めるうえで重要になっていきます。

限度額を高く設定するには、社会的に信用のある職業に就いていることが重要です。

公務員や弁護士、医者などの借り入れ限度額は高く設定されることがほとんどです。

フリーランスの職業やフリーターの方は、たとえ年収が同じ金額だったとしても、限度額は低めに設定されてしまうことが多いです。

50万円以上の借り入れができるケースはめったにありません。

これだったら、せっかくのカードローンもクレジットカードのキャッシング枠と変わらないでしょう。

カードローンの借り入れ額の大きさを魅力に感じ、申し込んだ人はがっかりするかもしれません。

ただ、カードローンを申し込んだのが初めての場合、借り入れ限度額は低く設定される場合があります。

借り入れ限度額を上げるには、地道に長期間返済していくのが一番の近道です。

顧客の信用度が上がり、次回の申し込みでは借り入れ限度額を増額してくれるようになります。