楽天カードのキャッシングの申し込みは学生でもできるのか?

学生でも申し込みで作れてしまう楽天カード

クレジットカードを作成するとなると、学生だと審査にハードルが高いと思われますよね。

しかし、楽天カードならば、仮にアルバイトをしていなくて無収入の学生でも作れてしまうんです。

これほど、審査に優しいクレジットカードはそれほどないでしょう。

年収0円でも発行できてしまうのが楽天カードなんです。

なので、とりあえずクレジットカードが欲しいという方は、楽天カードに申し込んでおくのが一番です。

楽天カードは、楽天市場でお得にショッピングできます。

楽天側は、学生が社会人になって、将来有望な顧客になってくれることを望んでいるのです。

ただし、楽天カードは、ETCカードを発行しようとすると年会費が発生してしまいますので、運転で利用する方は注意してください。

学生だとキャッシングには申し込めない矛盾

上記から、楽天カードの学生の審査が通りやすいことを見ると、キャッシング枠だって大丈夫だろうと思ってしまうかもしれません。

しかし、そこに罠があります。

実は、学生で楽天カードのキャッシングの申し込みはできません。

しかも、20歳以上で、アルバイトをかけもちしていたとしても、できないのです。

なぜなら、学生を選択した時点で収入0になってしまう、楽天カードの設定があるからです。

そのため、4年生の大学や専門学校、大学院の学生は、キャッシングしようと思ったら、卒業して社会人になるのを待つしかないのです。

学生はあくまで学業が本分なので、隙間時間のアルバイトは収入とみなさないとの考えなのでしょう。

しかし、それなら、夜間に大学に行った学生は、昼間フルタイムで働いている可能性がありますし、単位をほとんど早い学年のうちに取った学生は、アルバイトに時間を集中できます。

税金を払える額までアルバイトした強者だっているのです。

問い合わせでアルバイトをしていたら、フリーターと変わりないだろうと反論したい意見も良く分かります。

それでも、キャッシングの返済のために、学生生活で学費が払えず、大学などを中退して、フリーターになるほど、借金がふくれあがってはもともこうもありません。

多くの学生が抗議すれば、楽天側が制度改正して、キャッシングが将来可能になるかもしれませんが、その可能性は極端に低いです。

そもそも、一般のサラ金(サラリーマン金融)である消費者金融では、キャッシングの対象は就業者や法人か個人の自営業を営むものです。

ただ、楽天カードを作れるだけで良しとすべきことなのかもしれません。

もし、20歳で学生を卒業して、楽天カードでキャッシングの申し込みをできるなら、短大か2年生の専門学校や高専などを卒業した方々でしょう。

それなら、ほとんどの学生は、新卒で社会人となっているはずです。

最近の学生のキャッシングニーズ

現代では、今までの偏差値の高い大学に入学し、安定した企業や官公庁に入れば、将来、安泰という考え方が崩れてきています。

なので、トップクラスの学生の一部では、医療系や工業系の学校を除けば、東大よりも海外のスクールで語学や最先端の教育を望む声が根強いです。

そのため、学生のうちに海外からキャッシングを希望する人は多いです。

また、学生起業で、早い段階からお金を稼ぐことを考えている方もいます。

事業を起こすなら、当然、起業資金が必要になるでしょう。

ところが、楽天カードでは、こうしたキャッシングのニーズに対応できません。

そこで、これから、紹介するのはエポスカードです。

これなら、アルバイトしている学生限定ですが、キャッシングを受けることができます。

年会費も永久無料で、キャッシング枠は年収の1/3以下です。

キャッシングを申し込むためには、学生本人の源泉徴収や給料明細が必要になってきます。

このことから、楽天カードだけでは、完全に学生のニーズを満たせるわけではありません。

複数のクレジットカードをうまく使い分けながら、キャッシングを活用していく必要があります。

さらに、海外、特に、アメリカでは、預金するよりも、クレジットカードで借金して散在する文化が日常です。

だから、預金を重視する保守的な日本文化と異なり、学生のうちからクレジットカードを持っています。

クレジットカードを持つことで、若いうちからお金を計画的に管理する意識を持つことは重要です。

また、学生のうちにクレジットカードのショッピングやキャッシングを利用することで、将来の住宅ローンや自動車ローン、ゴールドカードなどの審査に有利にはたらくことになります。

ショッピングもキャッシングも延滞なく支払いができていることになり、信用が上がることで難しい審査でも通りやすくなるのです。

逆に、30歳を超えてもクレジットカードの契約やローンも使用していない人は、スーパーホワイトというそうです。

彼らは保守的だとみなされるのか、信用に欠けていると見なされて、なかなか上級のローンへの通過がしにくくなります。

従って、若いうちの信用創造が思ったより重要になってくるのです。