銀行にキャッシングのブラックリストへなることの影響

キャッシングブラックリストで銀行ローン審査が困難になるのか

クレジットカードのキャッシングで、一度、ブラックリストになってしまえば、銀行のカードローンや住宅ローン、自動車ローンの審査が難しくなるのでしょうか?

ブラックリストというペナルティは、他のローンの審査に悪影響をあたえることは確かです。

他の信用情報で、しっかりと返済した経験のない人にお金を貸せるはずがありません。

それほど、お金を借りる方とお金を貸す方は、互いの信用を大事にします。

ただ、ちょっとだけ返済が遅れた程度なら、温情で許してくれる場合もあります。

あくまでも、ブラックリストになることで、銀行の審査に通らなくなったのではなく、通りにくくなるというだけです。

クレジットカードの支払いの延滞や個人再生・任意整理、自己破産へと段階がエスカレートしていくにつれて、信用情報機関にブラックリストの登録という不名誉に近づいていきます。

しかし、わずかに返済が遅れたり、リボ払いが残っていた時でも、ブラックリストには該当しないので、大丈夫です。

ただし、過去5年の間に、下記のことがあったときにはブラックリストに該当してしまいます。

・債務整理
・自己破産(この場合は過去10年の間)
・カードローンまたはキャッシングの支払いの遅れが61日を超えたとき
・住宅ローンや自動車ローンなどの多目的なローンの支払いの遅れが61日を超えたとき

このパターンなら、銀行のローン審査は難しくなってくるでしょう。
仮に、これらのブラックリストの期間を超えて、収入がある場合は、審査が再び通過する可能性があります。

しかし、いくらブラックリストを通過したからといって、無職である場合のローン審査はまず無理です。

キャッシングの借金がまだある方は、返済したタイミングをみはからって、銀行のローンに申し込みするようにしましょう。

ブラックリストを具体的に考察する

ブラックリストは、クレジットカードの返済期限を超えて支払い不能になった場合や、弁護士などの相談のもと債務整理を行った場合に、信用情報機関に金融事故として記録された状態のことを意味します。

前に紹介しましたが、ブラックリストになる条件をより整理された状況で見ると、下記のようになります。

・スマートフォン本体代金やクレジットカード、カードローンの返済の延滞
・クレジットカードが強制的に解約された時
・代位返済(保証会社の代理返済が実施されたとき)
・債務整理(具体的には自己破産、個人再生、任意整理が行われたとき)

ブラックリストの一番やっかいなところは、借金を完全に返済するまでは、ブラックリスト解消してから5年~10年を、期間開始としてカウントされないところです。

債務がある限り、他社のクレジットカード会社や消費者金融や銀行のカードローンから、ブラックリストであるため、借りることもできず、地道に働いて返すしかないのです。

ここで、気をつけなければならないのは、違法の金利の闇金に手をだせば、ブラックリストでも貸してくれますが、債務整理しても、暴力的な手段でお金を取り返そうとするので、闇金は避けなければならない点です。

どうしても無理な借金であるならば、素直に債務整理しましょう。

支払いの延滞でも、61日未満に支払いが終わるときは、ブラックリストには入らないので、安心してください。

銀行は、過去の金融事故を参考にして審査を行おうとします。

そうなると、ただでさえ、ブラックリストに該当してしまっているときは、銀行のローン審査に通りにくいです。

クレジットカードのキャッシングも同様に難しくなります。

住宅や自動車がすぐ欲しいときがあっても、ローンの審査がブラックリスト入りで難しいときは、長期間、諦めなければならないでしょう。

ブラックリストの記録が信用情報機関から消えたあとについて

ブラックリストの金融事故の情報は、普通、5年経てば信用情報機関から消えることとなります。

金融事故の情報さえ消えることになれば、銀行やクレジットカード会社、消費者金融は、新たに申し込んだ者のブラックリスト入りが分からなくなるのです。

なので、金融事故から5年経てば、クレジットカードも新しく発行できますし、カードローンや住宅ローン、自動車ローンも契約することができます。

ただし、自己破産のブラックリスト入りだけは、10年信用情報機関に登録されることになるので、注意しましょう。

ただし、審査がきつめのクレジットカードや、銀行のローンには、ブラックリスト登録抹消後に申し込んでも、審査が通らないことがあります。

なぜなら、ブラックリストの間の返済記録が完全に消えているからです。

それを怪しいと思った審査機関は、昔、金融事故を起こしたんじゃないかと思い、審査を通りにくくするでしょう。

そのため、ブラックリストが解消されたばかりのときは、審査が通りやすいと評判な借り入れ先を選ぶようにしましょう。

あまりにも、高額できつめの返済能力を要求する借り入れ先では、審査通過に無理がありますので、注意してください。