なぜ亡くなった人への黙祷に意味があるのか その起源を探る

現代の黙祷

「もくとう」と読んで、難しい漢字で黙祷とされているこの言葉。

戦前の太平洋戦争や地下鉄サリン事件などの犠牲者や、地震、津波、豪雨といった災害で亡くなった人に向けて、この黙祷という行為は行われてきました。

最近では、東日本大震災で行われたことが記憶に新しいでしょうか?

主に、過去の事故や事件、災害でたくさんの人が死亡したことを悲しみ、死者に対して使われることがあるかと思います。

子供の頃は、黙祷という行為を、特に意味も考えずにやっていた記憶が多い気がします。

ちょうど墓参りにお経を唱えながら、目をつぶって手をあわせているのと似た感じです。

親や学校の先生といった大人に教えられることもなく、ただ目を閉じて、亡くなった者に対し、心の中で成仏してくださいと思っていたり、あの世では幸せにと願っていただけです。

いつのまにか、大人になっても、周りがやっていたから、それに合わせて同じ行為をやっていた感じという印象が強いでしょう。

なぜなら、黙祷の起源や意味を考えなくても、あまり他人に迷惑がかかるわけではないからです。

だから、最近のテレビをつまらなくしている原因の常識番組では、芸能人が間違っていたとして責められたとしても、それで終わりでしょう。

一般人にとってはあまり関係がありません。

しかし、一応、大人の常識ではあるので、黙祷の起源や意味を考えて見ましょう。

黙祷の起源

黙祷の起源は、時代をさかのぼること、昔の中国までいきつきます。

過去の中国で、唐の時代の韓愈の詩に黙祷の言葉の概要があったのです。

これは、「潜心默禱若有応 豈非正直能感通」とあり、漢文や中国語のできる人なら意味は分かるかもしれません。

昔の日本でも、室町時代中期の『文明本節用集』や、江戸時代の『南総里見八犬伝』に黙祷に関する記述があった程度だとされています。

第一次世界大戦でも、予想以上に戦争が長引き、大量の戦死者がでた中、戦争が終わったあと、初めて黙祷が行われたようです。

このように、黙祷は世界規模で共通に行われていました。

日本でも、明治天皇が亡くなると、黙祷が日本で最初に行われました。

思ったより、黙祷の普及の時代は近いです。

その後、関東大震災になって、その犠牲者に対しても、黙祷が行われています。

こういった形で、現代の日本で黙祷がメジャーなものになったんですね。

以上が黙祷の起源の説明でした。

黙祷の意味

では、具体的に黙祷とはどういう意味なのでしょうか?

これは、「声を出さずに犠牲者に祈りをささげることや、手をあわせて合掌し、目をつぶって軽く頭を下げる行為を伴うもの」だとされています。

宗教的な儀式や国家の決まりごとで、黙祷は行われます。

基本的に立ってやることがほとんどです。

黙祷の時間は、普通は1分間であると決められています。

ただ、無声で目をつぶるだけの行為だと、私はずっと考えていました。

どうやら、肝心の中身が欠けていたようです。

思った以上に、多くの意味を含んだ行為なのですね。

また、黙祷の黙はだまること、黙祷の祷は祈ることを意味しています。

予想以上に、相手への願いや、手をあわせ、会釈することも意味に入っていました。

つまり、死者や神様に対して無声で祈ることなのです。

常識人だと、そこまでの思いを込めて、犠牲者への黙祷を行なっていたようです。

犠牲者の遺族だったらなおさらのことでした。

私が単に世間知らずなだけですが、黙祷には、このような深い意味がありました。

また、戦争や災害や大事件は、正直、起こってもらいたくありませんが、将来、黙祷をする機会がありそうです。

こういったことは、人間社会に身をおく以上、絶対になくなりません。

心に余裕があれば、犠牲者への祈りの気持ちを持とうと思います。

社会

夏休みで家族旅行に行く人のための格安ツアーや穴場スポット

夏休みの家族旅行

子供が夏休みに入って、学校が休みになると、家族旅行を計画すると思います。

お父さんやお母さんも勤務先によっては、なかなか休みがとれない中、なんとかまとまった休みをとろうとします。

お忙しい中、本当にご苦労様です。

ただ、いくら暑いからといって、長い間、家に閉じこもっていても、つまらないですからね!(^^)!

そんなとき、格安のツアーで穴場のスポットに行ければ、有意義な家族旅行となるでしょう。

そこで、夏休みで海外か国内のツアーにいくために、事前にオススメのツアーを紹介していこうと思います!

国内の旅行先

日本国内の旅行先でオススメなのは、ずばり沖縄です。

自然にかこまれたきれいなビーチで、海水浴で泳いだり、海にもぐって美しい魚や植物を見るのも楽しいでしょう!

さらに、沖縄で近年人気急上昇中なのは宮古島です。

沖縄県には、宮古島、来間島、池間島、伊良部島、下地島などの離島があります。

どれも、すばらしい島々なのですが、その中で代表的な島が宮古島となります。

青い空に砂浜や森林がまじった風景が一番美しい離島ならではの風景です。

そして、さらさらした砂浜で東洋一美しいといわれる海を持つ、与那覇前浜ビーチはお勧めのスポットです。

景色を見ているだけでも、大自然にいやされて、仕事などのストレスのかかることなど忘れそうです。

それだけ快適な夏休みを過ごすことができると思います。

この離島を散策するツアーも探せば、那覇空港や福岡空港などに行く費用がかかりますが、そこからは格安で大人や子供1名あたり2万円近くで見つけることができると思います。

海外の旅行先

また、海外のオススメの旅行先といわれているのはグアムです。日本から飛行機でフライトする時間が3時間ほどで、時差もわずか1時間とされています。

そうなので、身体への負担は少なく、眠気に襲われることも少ないです。

日本にかなり近い距離にあることから、親近感がわいてきますね。

グアムは、アメリカ合衆国の準州で、英語、チャモロ語が主な言語です。

しかし、観光施設では、日本語が通じることが多く、外国語がとても苦手な人にとって魅力的な旅行先です。

もちろん、夏頃に気持ち良く楽しめるビーチやホテルのプールが充実しています。

子供をつれた家族旅行において、水族館などの施設が充実している点も良いでしょう。

ツアーは、グアム4日間の旅で、まとめて16万円程度かかると予想されます。

グアムの観光の穴場としては、リティディアンビーチがあげられます。

グアム島の最も北に位置しており、周りがサンゴに囲まれた自然のプールができています。

色はエメラルドブルーで、泳がなくても景色を見るだけで満足していただけると思います。

こういった場所に行くだけで、軽い冒険心を感じることができ、子供達には良い経験になるでしょう。

旅行の財政事情

以上が、夏休みで家族旅行に行く人のための格安ツアーの説明です。

穴場としては、あまりにマイナーすぎると、犯罪など危険な場合もあるので、有名な場所をチョイスしました。

また、最近では、増税、上がらない給料の影響で、なかなか家計も苦しいでしょう。

ただ、思ったより、日本人の旅行に対する支出は激減してはいません。

積極的に旅行に行って気分転換をしたいという人は多いようです。

決まった休みに旅行にいく日本人の習性は変わっていません。

格安ツアーを選ぶ人が多いのは、それほどの需要のあらわれでしょう。

ツアー以外で必要になる交通費でかかる切符やチケットは、金券ショップに行けば格安で手に入ることが多いです。

この時期は、旅行や里帰りで交通が混雑しますから、くれぐれも事故や落とし物に気をつけてくださいね(^^♪

生活

酷暑日40℃以上の気温の日本 連日の記録的暑さをしのぐ解決策とは

酷暑日とは

梅雨も明け、7月に入り、記録的な暑さで連日苦しむ日本人。

旅行に来ている外国人旅行者すら逃げだすぐらいこの暑さは異常だといえます。

もはや「酷暑日」と名付けても間違いとはいえないでしょう。

酷いほどの暑さの定義は、35℃~40℃あたりも基本的に入ると思いますが、普通は40℃以上の気温のことを示すと思います。

似た言葉で類義語として、「猛暑日」があります。

しかも、このレベルの温度が日本で、毎日のように発生しているのです。

異常気象で、ほんとに暑い外国に住んでいるかのようですね(´・ω・`)

雨が台風でたまにくるくらいで、ほとんど毎日の酷暑日に圧倒されてしまいます。

日が当たる状態ならカーテンを閉めて防止するくらいです。

ケチなことなしに、クーラーをもはやフル稼働してもいいと、日本政府から公認されている気温です。

では、この酷暑日をのりこえていくには、実際、どうしたらいいのでしょうか?

水分と塩分の補給

まず、しのぐための解決策として、当たり前ですが、水分と塩分の摂取を忘れないことです。

良く水だけを飲んでいて大丈夫だと主張する人もいますが、それは間違いです。

食べ物や飲み物を買うときに、手軽に摂取でき、塩味のお菓子で太りたくなければ、食塩の入った水やアイスクリームを買う方法もあります。

だいたい摂取するのは、水1リットルに対し、1.5g程度の食塩がいいでしょう。

熱中症の予防としては、汗をかくことで水分と塩分が失われてしまうので、とにかく、スポーツや運動などで汗を大量にかいたら、ロスした分を補うようスポーツドリンクを飲むことをすすめます。

特に、高齢者の方は、水分と塩分が枯渇しやすいので、まめに補給を怠らないようにした方がいいです。

良く熱中症で倒れる高齢者のニュースを聞きます。

学校に行っている小さな子供も大変ですね。

ただのお茶やコーヒーだと塩分がたりないので、、塩飴をせっとでなめると良いでしょう。

 

あまりの暑さに夏祭りを中止するところもでているらしいです。

クーラーはけちらない

また、以前は、扇風機で暑さをしのぐ時代でしたが、今は、温暖化もあってかクーラーで酷暑日に耐えることが日常となりました。

昔は、40℃以上の気温なんて、ほぼありえませんでしたからね。

冷夏といわれた、半そででうっすらとした涼しさを感じられる季節がなつかしいです(^^)

ただ、これからクーラーの電気代が値上がりしてきて、節約したい気持ちは良く分かりますが、何より自分の命を守ることが大切です。

いくらクーラーをつけっぱなしといっても、ためらいの気持ちを捨てる勇気を持つことが重要でしょう。

実は、クーラーは、起動してから設定した温度にさせるために部屋を冷やすまでで、一番、電気を消費します。

だから、こまめに停止して節約するやり方は間違っているのです。

従って、クーラーは部屋を長時間開けることを除いて、つけっぱなしにすることが正解です。

実際、クーラーを設置していないと、熱中症で亡くなるリスクがかなり高いです。

生活保護世帯でも、クーラーの設置は、申告すれば、その費用をだしてくれます。

それほど、貧困世帯でも、夏場のクーラーとの付き合いは密接になってきているのです。

これからの暑さについて

当たり前の話になってしまいましたが(*_*;

以上が、酷暑日で熱中症にならずに自分の命を守る方法です。

しかし、これから温暖化が続いていけば、気温は、45℃以上に達するかもしれません。

日本政府も、暑さについて、新たな定義を設定する必要性が近づいてくるかもしれません。

日本の四季こそ芸術的な文化なのに、暑さと寒さが極端になってくると、正直、過ごしづらくなります。

砂漠化の心配はそれほどありませんが、日がさしているコンクリートの地熱は60℃以上のレベルに達しそうです。

ペットをその上に置いている人は、かわいそうなのでくれぐれも気をつけましょうね( ;∀;)

鉄板のように焼けてしまいます。

では、皆さん快適な夏を過ごせるように頑張りましょう!

生活