キャッシングの審査に甘い会社で収入証明なしのカードローンとは?

キャッシング審査が甘い会社で収入証明なしで借りられるブラック融資先とは

キャッシングのしやすさで即日24時間での受付を宣伝している大手消費者金融がありますが、そこすらもキャッシングが困難な人たちが実在します。

キャッシングの審査がとても甘いところで借りたいが、どこを頼ればいいのか?

手間のかかる会社の収入証明なしでお金を借りれるようにしていきたい。

そんな悩みが中には多くあるでしょう。

こういったキャッシングでブラックになった人達でも受けつけてくれる金融機関はあるのでしょうか?

まず、頭に浮かぶのが闇金ですが、審査はとても簡単です。

しかし、金利がバカみたいに高いので利用することはお勧めしません。

金融機関が、無条件に融資、どこよりも簡単、ものすごく甘い審査などそういった誘い文句を言うことは法律で禁止されています。

つまり、それを宣伝する業者が闇金である可能性はとても高いでしょう。

お金を手にいれたいけれども、審査に通るのが心配な事情があるなら、中小消費者金融に頼るべきでしょう。

中小消費者金融なら、大手消費者金融と差別化をはかるために、キャッシングの審査が甘いです。

また、カードローンを利用する前に、身分証明書と収入証明書の提出を求められる場合があるかと思います。

運転免許証や健康保険証などの身分証明書は、簡単に用意できるでしょう。

ところが、直近2~3カ月の給与明細、所得証明書、税額通知書、源泉徴収票、確定申告書など、収入証明書は、これらの中の1枚だったり、複数必要になるパターンもあります。

収入証明書をすぐに用意することは困難で、発行に時間がかかることが多いです。

収入証明書なしなら、こんなに手間をかけなくても良いのですが、これほど必要になるのは事情があるからです。

貸金業法の総量規制で、年収の3分の1を超える分の貸し付けが禁止されています。

また、1社にあたり50万円、合計額で100万円以上の融資をするときには、収入証明書が必要になります。

なので、上記の金額を超えて、年収の3分の1の融資を受けたいときは、収入証明書がなければなりません。

もし、収入証明書なしでカードローンを受けたい場合は、1社にあたり50万円未満、合計額で100万円未満の融資で我慢しなければなりません。

中小消費者金融のキャッシング審査について

合法的に甘い審査を受けられるのは、中小消費者金融です。

別名ではサラ金と呼ばれます。

審査が甘い場合があるのは、中小消費者金融が独自の基準でキャッシングの審査をしているからです。

通常、大手の消費者金融では、顧客がたくさんいるため、コンピュータによる機械の審査が行われることが多いです。

なので、軽い金融事故の経歴が少しあっただけで、何の感情もなく機械的に審査落ちになるケースがあります。

しかし、中小消費者金融なら、1人の債務者ごとに人間の目を通して審査をしてくれるのです。

なので、大手ではギリギリはじかれる人でも、ここなら審査に通ったことにしてくれる可能性があります。

何らかの特別な事情がある場合でも、柔軟に対応してくれることだってあるのです。

大手消費者金融が全滅してしまった人は、中小消費者金融を頼ってみるのも選択肢のひとつになるかもしれません。

ただし、大手消費者金融に比べて、審査が甘い分、中小消費者金融では金利が高いことが多いです。

金利が高いからこそ、少ない顧客でもやっていける事情があります。

それでも、法的に認められた消費者金融では、金利の上限は20.0%を上まわらないので、安心してください。

大手金融会社では、ローンの審査基準が画一的で、どの会社も同じように統一されていることが一般的です。

そのため、キャッシング利用情報が多くの大手金融会社で共有されてしまっているのが実態なのです。

そうなると、1社目の大手金融会社でキャッシング審査に落ちれば、ほかの大手金融会社で審査がまた落ちる可能性が高いのです。

2010年に貸金業法が改正されてから、大手消費者金融の審査が通過できる確率は、50%未満なのです。

なので、審査に落ちたからといって、そんなに落ち込む必要はありません。

おすすめの中小消費者金融とは

では、どこがおすすめの消費者金融なのでしょうか?

私が勧めるのが「セントラル」です。

セントラルは、昭和48年創業の老舗の貸金業です。

なので、長年、キャッシングを行ってきた強い信頼があります。

東京都内6店舗(浅草、新橋、新宿、渋谷、銀座、池袋)、埼玉と神奈川に各1店舗
愛媛6店舗、香川2店舗、高知1店舗、岡山2店舗の合計19店舗で営業中です。

ご来店から全国のネットを通した申し込みまで、様々な用途に対応しています。

全国のセブン銀行のATM提携から、どこでもキャッシングが可能となっております。

なんと、ご利用が初めての方なら、最大30日間金利0円となっております。

掲示板などでの評判では、審査は確実に正確に行ってくれて、厳しい審査ではないと評判の中小消費者金融です。

キャッシングとカードローンの違いをVisaのカードで検証

キャッシングとカードローンの違いとは(Visaのクレジットカードの場合)

キャッシングとカードローンは似たところもありますので、同じに見られやすいです。

両方とも、カードを使ってお金を借りる点では同じだからです。

しかし、これらは違う点がたくさんあります。

さらに、個人の状態によって、キャッシングとカードローンが適している場面が異なってくるのです。

キャッシングとカードローンは別々のサービスで、支払う金利が異なってきます。

まず、クレジットカードに付いているサービスであるキャッシングに関して説明していきます。

金銭を借り入れするのがキャッシングですが、これはクレジットカードに付いているキャッシングの機能なのです。

たった1枚のクレジットカードでショッピングもキャッシングも行うことができます。

取引量世界一のVisaのクレジットカードであれば、海外や日本中の銀行から、郵便局、コンビニのATMで、普通の銀行のキャッシュカードのように、手軽に利用できます。

国際的なブランドとして、Visaのクレジットカードは有名ですので、どこでもネットワーク決済ができるのです。

キャッシングの返済方法は、1回払い、リボ払いがあります。

リボ払いは、リボルビング払いのことを示しており、月ごとに一定のお金を支払います。

キャッシングでは、カードローンより借り入れ限度額は100万円に到達しない金額であり、高めの金利が設定されているのです。

一方、カードローンとは、借り入れることのみに設計された金融商品です。

銀行やクレジットカード会社、消費者金融など、多くの会社から提供をうけているのがカードローンです。

ATMから借り入れる形のみではなく、決められた金融機関の口座に指定された金額を振り込まれるという借り入れの方法もあります。

限度額の範囲ならば、何回でも借り入れることができます。

限度額は、キャッシングの場合より高額になることもあり、審査が良ければ、数百万円借りることだって可能です。

返済のやり方は、リボ払いが一般的です。

支払いの返済日に一定額が銀行口座から自動的に引き落しされます。

もし、思わぬ収入があったときは、繰り上げ返済だってすることが可能です。

キャッシングよりも、金利は低く設定されております。

以上が、キャッシングとカードローンのそれぞれの違いと特徴です。

キャッシングとカードローンの具体的な金利の違い

キャッシングとカードローンでは、借りられる限度額に違いがありますが、審査によってはあまり大差のない限度額になる場合がります。

そのとき、キャッシングとカードローンでの一番大きな違いは金利となるのです。

普通は、借り入れご利用額が高いと金利は低めになり、ご利用額が高くなると金利は高めになってきます。

それと、審査で、場合によっては最高金利を運悪く適用されるときだってあるのです。

その最悪の事態に備えるうえで、キャッシングとカードローンの最高金利で比較してみましょう。

キャッシングの場合、たいていの金利は、18.0%あたりであることが多いです。

カードローンでは、大まかな金利が、15.0%となってきます。

両社の金利を見ると、キャッシングの方が金利は高いです。

これは、カードローンに1回払いが認められてないことや、長期利息がとられる形になっていることが大きいからです。

また、カードローンは、数百万円の借り入れですから、キャッシングの数十万円より金利を安くする傾向にあります。

キャッシングとカードローンのうまい使い分け方

ここでは、どういった場合に、キャッシングが得か、カードローンが使うと安くすむかを考えていきたいと思います。

クレジットカードでのキャッシングを利用しようとするときは、借り入れ額も少額を求めていて、借り入れ経験があまりない場合です。

クレジットカードのキャッシングには翌月1回払いというやり方があるので、少額だけかりて、翌月に全額返済というやり方が適しています。

それに、カードローンに比べて、コンビニや銀行のATMなどで軽い感覚で借り入れをすることができます。

なので、借り入れに慣れてない方は、最初に、クレジットカードのキャッシングから始めてみればいいでしょう。

それとは対照的に、何回も借金経験があり、計画的に返済できる能力のある人、大きな額を借り入れしたい方は、借り入れが専門のカードローンの利用に適しています。

クレジットカードのキャッシングよりも金利が低く、大きい限度額まで何回でも借金できます。

それに、月ごとの返済額は一定のラインで固定されており、返済計画もたてやすいです。

借金が初めての人は、リボ払いは、プレッシャーのかかる返済方法なので、キャッシングの方をおすすめします。

どちらかといえば、ある程度の借金経験者は、資金力のあるカードローンの方がいいのかもしれません。

最終的に、キャッシングとカードローンのどちらかのサービスを使うかは、自分の返済能力や生活スタイル、メンタルなどによって、慎重に決めていってください。

Visaの海外のキャッシングの金利はどれくらいになるのか?

Visaの海外のキャッシングサービスの金利や国際ブランドに関して

海外に旅行に行ったり、仕事で渡航したりするときに、必ずといっていいほど現地通貨が必要になります。

空港で良く設立されている銀行で両替することもできますが、手数料が高くお得な選択肢とはなりません。

そんなとき、役立つのがクレジットカードのキャッシング枠です。

クレジットカードの国際ブランドとされている「Visa」「Mastercard」「JCB」を利用して、現地の通貨を利用限度額内で、主にATMから引き出すことができます。

このクレジットカードの国際ブランドとは、VisaやJCBなどの決済のネットワークのことをいいます。

VisaとMastercardを利用している人が世界的に7割もいて、世界中に加盟店が多いのです。

そして、例えば、Visaで楽天カードのキャッシングを海外銀行のATMで利用した場合、適用される金利は、国内と同じ18.0%です。

他のクレジットカードの金利が最大でも20.0%が限度なので、それほど高くなることはありません。

ここからは、国際ブランドについて説明していきます。

クレジットカード取引量が世界一なのが「Visa」です。

Visaの誇るシェアは、4割近くにも達しており、クレジットカードのサービスで決済している多くの人がVisaを利用している計算となります。

クレジットカードだけでなく、デビットカードやプリペイドカードにも利用されているブランドです。

海外に行くなら、用意しておいて間違いない国際ブランドだといえます。

日本では、あまり聞きませんが、発行するカード会社を問わず、Visaカードで共通のキャンペーンや優待が実施されております。

海外の観光地でのショッピング施設と免税店の中では、特別な割引や贈り物が頻繁にプレゼントされています。

「Visa」か「Plus」のマーク付きのATMなら、現地通貨をキャッシングできます。

利用できる幅を考えるならば、まずは「Visa」のクレジットカードを持つことが第一です。

海外キャッシングサービスを利用するときの注意点

海外でATMをキャッシングサービスを利用すれば、本人確認をするための暗証番号が必要になってきます。

もし、暗証番号を忘れてしまったときは、旅行や仕事に行く前の余裕をもてる時期に、暗証番号の再確認をしましょう。

また、日本と違い、海外では治安が悪いことが多いです。

なので、人通りのある道のATMを利用するのは、やめた方が良いです。

金融機関や空港で設置されているATMを使うことが理想的でしょう。

夜間は、危険なので出歩かないのが海外のトレンドです。

1日中営業しているATMも存在しますが、夜間にキャッシングするのは避けた方が安全でしょう。

日本と違い、海外のATMは、キャッシング終了後、クレジットカードを取るのが遅くなってくると、現金の機械内での回収が自動的に行われることになります。

これは、泥棒などの安全上に配慮された設計になっているわけです。

現地通貨は迅速に取り出すように気をつけましょう。

もし、機械の使い方が分からなくなってくれば、取り消しや訂正を押しながら、最初の画面に戻るようにしましょう。

海外の銀行の関係で、ATMの手数料が別に必要になってくることがあります。

為替レートの換算日は、クレジットカードの利用データが決済センターに到着した時点の日付ですので、クレジットカードを利用した日付と異なってきます。

最後に、海外のキャッシングは、あくまでも国内で設定した利用限度額内だということを忘れないようにしてください。

それ以上、必要になるのでしたら、キャッシングの増枠申し込みが必要ですし、他社のクレジットカードのキャッシング枠を増やすことも検討しなければなりません。

海外で大金を使う場合は、ある程度は、銀行の両替で妥協しなければならないでしょう。

海外キャッシングの費用を安く抑える方法

ここでは、海外のクレジットカードのキャッシング費用を、できる限り安く抑える方法について述べてみようと思います。

例えば、実質年率18.0%の金利である楽天カードを使おうと、現地のATMで、Visaの国際ブランドからキャッシングをしようとしたとします。

そこで、楽天カードをATMに挿入して、現地通貨でキャッシングしたとしましょう。

その場合、利息が実質年率18.0%の金利が基準となって日割り計算となります。

こうなると、帰国したときに早く返済するほど安くすむということです。

なので、帰国後、繰り上げ返済手続きを行って、支払うはずだった利息を一部支払わなくて良いようにします。

1回目にくるキャッシングの返済日を待たずして、繰り上げ返済の手続きをするのが最良です。

楽天カードなら海外でキャッシングしてから、全てのデータが処理されるまで、数日必要です。

具体的な確認方法は、楽天カード株式会社からのキャッシング利用のメールが届いてからです。

そして、データを楽天e-NAVIにて確認を行います。

キャッシング利用が確認できたら、楽天カード側に電話をかけ、返済資金を自動音声かオペレーターで調べます。

そこから、音声案内で、返済先の銀行名、返済資金、銀行の口座番号が分かりますので、銀行口座に振り込んで返済すれば、安く海外のキャッシングをすることができます。

銀行にキャッシングのブラックリストへなることの影響

キャッシングブラックリストで銀行ローン審査が困難になるのか

クレジットカードのキャッシングで、一度、ブラックリストになってしまえば、銀行のカードローンや住宅ローン、自動車ローンの審査が難しくなるのでしょうか?

ブラックリストというペナルティは、他のローンの審査に悪影響をあたえることは確かです。

他の信用情報で、しっかりと返済した経験のない人にお金を貸せるはずがありません。

それほど、お金を借りる方とお金を貸す方は、互いの信用を大事にします。

ただ、ちょっとだけ返済が遅れた程度なら、温情で許してくれる場合もあります。

あくまでも、ブラックリストになることで、銀行の審査に通らなくなったのではなく、通りにくくなるというだけです。

クレジットカードの支払いの延滞や個人再生・任意整理、自己破産へと段階がエスカレートしていくにつれて、信用情報機関にブラックリストの登録という不名誉に近づいていきます。

しかし、わずかに返済が遅れたり、リボ払いが残っていた時でも、ブラックリストには該当しないので、大丈夫です。

ただし、過去5年の間に、下記のことがあったときにはブラックリストに該当してしまいます。

・債務整理
・自己破産(この場合は過去10年の間)
・カードローンまたはキャッシングの支払いの遅れが61日を超えたとき
・住宅ローンや自動車ローンなどの多目的なローンの支払いの遅れが61日を超えたとき

このパターンなら、銀行のローン審査は難しくなってくるでしょう。
仮に、これらのブラックリストの期間を超えて、収入がある場合は、審査が再び通過する可能性があります。

しかし、いくらブラックリストを通過したからといって、無職である場合のローン審査はまず無理です。

キャッシングの借金がまだある方は、返済したタイミングをみはからって、銀行のローンに申し込みするようにしましょう。

ブラックリストを具体的に考察する

ブラックリストは、クレジットカードの返済期限を超えて支払い不能になった場合や、弁護士などの相談のもと債務整理を行った場合に、信用情報機関に金融事故として記録された状態のことを意味します。

前に紹介しましたが、ブラックリストになる条件をより整理された状況で見ると、下記のようになります。

・スマートフォン本体代金やクレジットカード、カードローンの返済の延滞
・クレジットカードが強制的に解約された時
・代位返済(保証会社の代理返済が実施されたとき)
・債務整理(具体的には自己破産、個人再生、任意整理が行われたとき)

ブラックリストの一番やっかいなところは、借金を完全に返済するまでは、ブラックリスト解消してから5年~10年を、期間開始としてカウントされないところです。

債務がある限り、他社のクレジットカード会社や消費者金融や銀行のカードローンから、ブラックリストであるため、借りることもできず、地道に働いて返すしかないのです。

ここで、気をつけなければならないのは、違法の金利の闇金に手をだせば、ブラックリストでも貸してくれますが、債務整理しても、暴力的な手段でお金を取り返そうとするので、闇金は避けなければならない点です。

どうしても無理な借金であるならば、素直に債務整理しましょう。

支払いの延滞でも、61日未満に支払いが終わるときは、ブラックリストには入らないので、安心してください。

銀行は、過去の金融事故を参考にして審査を行おうとします。

そうなると、ただでさえ、ブラックリストに該当してしまっているときは、銀行のローン審査に通りにくいです。

クレジットカードのキャッシングも同様に難しくなります。

住宅や自動車がすぐ欲しいときがあっても、ローンの審査がブラックリスト入りで難しいときは、長期間、諦めなければならないでしょう。

ブラックリストの記録が信用情報機関から消えたあとについて

ブラックリストの金融事故の情報は、普通、5年経てば信用情報機関から消えることとなります。

金融事故の情報さえ消えることになれば、銀行やクレジットカード会社、消費者金融は、新たに申し込んだ者のブラックリスト入りが分からなくなるのです。

なので、金融事故から5年経てば、クレジットカードも新しく発行できますし、カードローンや住宅ローン、自動車ローンも契約することができます。

ただし、自己破産のブラックリスト入りだけは、10年信用情報機関に登録されることになるので、注意しましょう。

ただし、審査がきつめのクレジットカードや、銀行のローンには、ブラックリスト登録抹消後に申し込んでも、審査が通らないことがあります。

なぜなら、ブラックリストの間の返済記録が完全に消えているからです。

それを怪しいと思った審査機関は、昔、金融事故を起こしたんじゃないかと思い、審査を通りにくくするでしょう。

そのため、ブラックリストが解消されたばかりのときは、審査が通りやすいと評判な借り入れ先を選ぶようにしましょう。

あまりにも、高額できつめの返済能力を要求する借り入れ先では、審査通過に無理がありますので、注意してください。