東京都民の人口増加 首都一極集中の原因と弊害・対策 日本の人口推移を予測

東京一極集中の原因

少子化で日本全体の人口が減っている中、なぜか、人口流入が激しい東京は、人口増加の傾向にあります。

では、ここまで東京都民が増える原因とは何なのでしょうか?

それは、東京には、会社数がダントツで多く、就職や転職するためにくる人が多いのだと思います。

人口が多い分、購買層のパイが大きいので、起業のチャンスもあります。

会社の本社が集中しており、官公庁の中枢も多く、高い給料や福利厚生を得たい人にとっては、都民になることが魅力的でしょう。

良く地方からの出稼ぎ目的で来る人もたくさんいます。

大学数も一番多いですから、上京する大学生は、毎年いっぱいいます。

また、交通の利便性が良いことも原因としてあげられます。

東京の公共交通機関は、もはや、自動車の力がほとんどいらないほど発達しています。

東京の山手線を代表するように、通勤・通学ラッシュでは、混雑するほどの大量の人達が移動します。

それだけ、地方の田舎では、1時間に1本しか、電車やバスがやってきません。

なので、経済的な余裕がないのに、自動車を購入して維持費をかけながら、不便な交通環境を過ごさなければならないのです。

さらに、東京では、観光地がたくさんあり、遊べるところがいっぱいあります。

人が多い分、需要がたくさん発生しますから、田舎にはないような個性的な飲食店があります。

最新のものが常に置かれており、品不足にならないほどの物量があります。

秋葉原や新宿、池袋などの遊びやすい街を、個人の好みで選ぶことができるでしょう。

そういった魅力から、東京に住みたがる人達は多いのです。

東京一極集中の弊害と対策

東京一極集中になって、人口が過密状態になると弊害もでてきます。

代表的にあげられるのが、自然災害です。

豪雨による街の水没や、地震・津波による被害を受けると、政治と企業の中枢機能が集中している東京では、大混乱が発生します。

最近の地震は、幸運なことに地方で発生することが多く、首都は避けられています。

しかし、人口の少ない地方でかなりの被害ですから、東京の場合、比べものにならない大惨事となります。

東京の場合、少し停電が起きるだけでも、経済的な損失が大きいものになってしまうのです。

次に、東京は、物価が高い傾向にあり、生活のコストがかかります。

そうなると、東京で子育てにまわすお金に余裕がなく、さらなる少子化の原因になります。

つまり、東京に人は、地方から来るものの、社会の再生産が少ししかおきないのです。

こういった問題への対策として、地方の活性化や首都機能を移転するなど、あらゆる方策は行われていますが、今のところ、うまくいってそうなのは、ふるさと納税くらいです。

首都機能を分け合うとしたら、大阪府か愛知県ですが、政策として行われていません。

愛知県ならトヨタ自動車の本社機能の配置が期待されましたが、うまくいきませんでした。

大阪府で生まれた大企業も、逆行するかのように、本社を東京に移動させてます。

やはり、政府の中枢と情報交換をするうえで、東京に本社があった方が都合が良いようです。

日本人の平和ボケの性質上、東京が災害で壊滅的な被害にあってから、ようやく、道州制や首都機能の分散などの重要性に気づくのだと感じます。

一方で、地方の田舎に移住する若者や高齢者もいますが、まだマイナーなのが現状です。

現時点で、人口のバランスを各地方でたもつことは、夢物語に終わっています。

これからの日本の人口推移の予測

将来、東京都の人口は、2025年~2030年をピークにして減少することが予測されます。

これ以降、大規模な移民が来ない限りは、全体的な人口減少が発生するでしょう。

日本の人口推移を見ると、地方は限界集落どころか、消滅する自治体がでてもおかしくありません。

東京の人口が減少に転換した瞬間、都民の高齢化や空き家の問題、全体的な消費需要の減少に、悩まされることでしょう。

社会

就職に弱い私立文系大学が定員割れの危機 仕事を失う職員 私立大学生の人口と割合

少子化による私立文系大学の定員割れと質の低下

現在、日本は少子化で子供の数がどんどん減っています。

それにより、私立大学の中であまり存在意義がなく、就職に弱い文系大学が、経営の危機にたたされているのです。

もちろん、倒産すると、そこで働く私立大学職員も仕事を失うことになります。

そのため、Fランク大学だとからかわれている私立大学は、職員が創意工夫をしてたてなおすしかありません。

日本の大学生や短大生で私立大学が占める人口割合は、なんと8割近くも占めているのです。

逆に、国公立大学が占める大学生の人口割合は、たったの2割しかないんですね。

どうりで、文系大学でも学費の安さを狙って、学力の競争が激化するはずです。

それほど、国の助成金をもらいながら、存続している私大がかなりあることが分かります。

日本の大学は、海外のように富裕層からの寄付金でほとんどはなりたっていないので、国が補助金をどうするかで、運命が左右されます。

現在、2018年時点で赤字経営の私立大学法人は、なんと4割にも達しているのです。

これほど定員割れがひどいと、大学生になりたければ、誰でも大学生になれる時代が到来したともいえるでしょう。

どんなに馬鹿でも、最低限の試験を受ければ、合格できてしまいます。

民間企業から見たら、ある程度の学力の私立大学生で、やっと、昭和の高校生レベルだとみなされるそうです。

就職試験で、基礎学力に問題のある学生が、昔は2割程度で合ったのに対し、今は、なんと8割程度に達しているそうです。

それほど、学生の質が落ちてしまっているのです。

就職試験に筆記試験があるのは、大学生の学力に信用がなくなったあかしかもしれません。

それだと、まだ、大学生人口が多く、競争の激しかった就職氷河期の世代の方がよっぽど学力が高かったと思います。

彼らは、運悪くロストジェネレーションだといわれ、就職試験が厳しすぎました。

それに比べたら、現代のゆとり世代は、少子化の恩恵で就職試験までゆとり化してしまっています。

それでも、まだ、ブラックの就労慣習が残っている日本企業に対応できるかは、話が別です。

今まで、競争がゆるく過ごせている分、3年以内に、約3割の社会人が会社を辞めています。

こうなるほど、企業の定着率もしっかりしているとはいいがたいのです。

私の大学入試の経験

学力自体は平凡ですが、私は、Cランクの国公立大学の文系出身です。

だから、学歴ヒエラルキーのちょうど真ん中に位置しています。

だから、うらやましがれることもなければ、問題にされるレベルでもないのです。

逆に、学歴の逆差別というものもあります。

簡単に述べると、東大生で優秀なのに、なんでこういうこともできないのか、というふうにいわれる現象のことです。

私は、家が貧乏だったので、アパートを借りられず、奨学金も借金嫌いの親に認められませんでした。

その頃は、人が怖く就職できる状態になく、大学の4年間で克服しようと考えていました。

なので、自宅から通える範囲の国公立大学しか選択肢のない人生だったのです。

しかし、あるFランク大学が、この成績なら授業料は無料という特例があることを発見しました。

就職の有利さより目先の授業料を優先していた私なので、迷いました。

しかし、そのFランク大学の経営自体怪しいもので、数年後、倒産してしまいました。

今では、国立大学に入試で合格できて良かったと思います。

しかし、今、私は、国公立大学出身なのに、障害者だという逆差別を受けています。

結局、対人恐怖が自力で克服できないため、就職活動もできず、せっかく有利な状態で入った大学も意味がありませんでした。

本来、私は、特別支援学級か養護学校にいってもおかしくない人間だったからです。

詳しいことは、ホームの自己紹介で述べられています。

私立大学の必要性

さて、これから、18歳近くの人口が減っているのに、こんなに膨大な数の私立大学は必要になるのでしょうか?

おそらく、ほとんどはつぶれたりして、淘汰される運命にあると思います。

ただ、それは、Fランクの私立大学に限っての話であり、スポーツに強い私大や研究で優秀な実績のある私大は、学生が集まると考えています。

要するに、私立大学が安泰の時代は終了したということです。

国も補助金を削減して、無駄な私大を淘汰していく方向にいくと思います。

ただ、高卒で成績が悪くて就職できるレベルじゃない人の受け皿がなくなっていくだけかもしれません。

社会

働き方改革法案の概要やデメリット・反対意見をわかりやすく説明 日本の働き方の問題点に迫る

働き方改革法案の概要

働き方改革法案とは、日本の労働法、つまり、雇用対策法、労働基準法、労働時間等設定改善法、労働安全衛生法、じん肺法、パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法の労働関連の8法を改正した法案のことをいいます。

わかりやすく説明すると、まず、時間外労働の残業規制ができたことです。

今までは、1カ月45時間、1年間360時間までしか残業できない規定に抜け道がありました。

この抜け道が、特別条項であり、労働者側と使用者側が同意すれば、残業はどれだけやってもOKとされていました。

それを違法とし、特別条項を見直して、休日労働を含めて、1カ月100時間、2カ月~6カ月平均80時間以内の残業としました。

これについて、違反した企業か労務担当者には、懲役か罰金の刑罰が適用されます。

この規制は、大企業は2019年4月から、中小企業は2020年4月から行われます。

また、月60時間を超えた残業の賃金を割増率は、中小企業でも、2023年4月から大企業と同じ50%以上とします。

また、有給休暇が10日以上の場合、企業側に時期をちゃんと本人との合意の上で決定し、消化することが義務付けられます。

さらに、年収1075万円以上で本人が同意している場合、高度プロフェッショナル人材として、残業代なしで、専門職のみを対象とし、年104日以上かつ4週で4回以上の休日の取得を企業に義務付けられます。

2019年4月に施行され、成果型報酬型で、健康の確保のための条件が加えられます。

次に、非正規労働者と正社員が同じような職務を行っている場合は、賃金や休暇、福利厚生が同じ条件であることを企業に義務付けます。

待遇に格差がある場合は、しっかりとその内容と理由について説明しなければなりません。

この同一労働同一賃金の決まりは、大企業や派遣会社は2020年4月、中小企業は2021年4月に行われます。

非正規社員の給料が日本では低く、これを欧米なみの水準まで上げて、正規と非正規の社員の格差をなくしていこうとする取り組みのようです。

日本政府側も、不公平な給料格差をなくし、全体的な賃金をあげて、消費に貢献してもらいたいようです。

最後に、働き方改革で重要とされるのは、高齢者の定年以後の労働拡大、高齢者の労働の供給先の確保です。

これから少子化で、労働生産人口が大きく減少してしまいます。

これを高齢者の雇用の拡大で、なんとか補おうというものです。

以上、わかりやすく説明できたか疑問ですが、働き方改革法案の概要はこれまでです。

働き方改革法案のデメリットと反対意見

働き方改革は、一見すると、世界で低いとされる日本の労働生産性や長時間労働の改革ができて良いように思えます。

女性や高齢者にとっても、働きやすくなるかもしれません。

しかし、日本人の長年の慣習である長時間労働がそう簡単に治せるものなのでしょうか?

法律が施行されてから、日本人が定着していくまでには、かなりの時間がかかりそうです。

ある社員の残業が最大値に達したら、別の社員に残業をおしつけるかもしれません。

残業代で家族の生活を支えている人にとっては、大問題になりかねないでしょう。

外国人労働者にも働いてもらいやすいよう、過労死が連続で起きる状況から、長時間労働をとにかくなくす法案ですが、日本の労働環境に適応してしまっている人にとっては、デメリットとしてとらえられます。

いくら同一雇用同一賃金にしても、日本の正社員は簡単には解雇できないよう法律で定められています。

そのため、非正規社員は、不安定な身分であることに変わりはないのです。

一方で、経営者からは、今まで長時間労働のブラック労働で、企業が成りたってきたのに、こんな法案を成立させると、企業全体の仕事量が減り、倒産してしまうなどの反対意見があります。

残業代をきっちりはらわないといけなくなり、サービス残業で成り立たせていた企業はつぶれます。

もちろん、ブラック企業撲滅には賛成です。

過労死で成りたたせていた企業などはなくなるべきでしょう。

全体的に見ると、こういった企業環境が変わることへの混乱を受けた反対意見が多いようです。

日本の働き方の問題点とは

やはり、日本人の働き方の最大の問題点は、まだまだ年功序列型賃金と終身雇用の文化が根付いているということです。

当然、この仕組みは、とっくの昔に壊れています。

とにかく正社員を優遇しすぎて、非正規社員と同じステージに降りてこないのです。

正社員の解雇規制を撤廃で解雇し、転職しやすくすることが必要です。

これで、特権階級化で無駄な会議を内輪でして、労働生産性を落とすのではなく、単純に労働で評価されるように、無駄のないシステムに改善すべきです。

社会

立憲民主党の政策と支持率の問題点 憲法改正や消費税を考察する

立憲民主党の政策と支持率

立憲民主党は、2017年の衆議院選挙で、民進党から分列してできた政党です。

民進党の政策の考え方の違いから、希望の党、立憲民主党、無所属に3分裂しました。

この中で、立憲民主党は、憲法改正反対、消費税の増税凍結、外国人参政権賛成、原発ゼロといった政策をうちだし、左派よりのリベラルな政党であるといわれます。

衆院選では、希望の党の代表であった小池百合子東京都知事が排除という強引な選別をし、都知事の政務を怠り、あいまいで信用に欠けるマニュフェストを提示した批判から、立憲民主党が希望の党を上回る支持率を得ました。

当初、全ての民進党議員が入るはずだった希望の党に入れなかった一部の民進党議員達をほとんど受け入れたのが、立憲民主党なのです。

立憲民主党の政策は、自民党や公明党に比べて、政策の違いがはっきりしていたため、国民受けが良かったのでしょう。

おかげで、衆院選では、野党第一党になりやした。

ただし、全体の議席数では、民主党の内部分裂の混乱が足を引っ張り、自民党に大差をつけられて敗れました。

また、参議院では、いまだ国民民主党のままで、分裂などがなく、衆議院と参議院で政党が統一されてないといった問題があります。

さらに、先の民主党政権が国民の民意を無視した政治を行い不信感を与えたことも影響しています。

旧民主党に政権があったときに、消費税10%増税を閣議決定してしまったのは、現在の立憲民主党のやり方と大きな矛盾が発生してしまう問題でしょう。

与党の政権批判でも、森友・加計学園をこんな長期間かけても解決できないのは、野党の能力不足としかいいようがありません。

そのため、野党全体の支持率は低迷しております。

詳細は、2018年8月時点で6%しか支持率がありません。

支持者も、高齢層が多く、若者や現役世代の多くは自民党を支持しています。

批判する野党だけの役割

立憲民主党は、政権をとったら、どうしたいかという具体的なビジョンが示せていません。

むしろ、立憲民主党自体が、自身が政権をとることを諦めているだけのように思えます。

旧民主党が政権をとろうとしたときは、考え方が違う議員でもとりこんで、自民党に対抗できるよう規模を大きくしました。

ただ、自民党に比べたら政策の不一致はかなり大きかったことでしょう。

今は、その逆の分裂状態です。

自民党だって、必ずしも考え方が全て一緒の議員がいるとは限らないのです。

これが民進党の力を弱体化させました。

せっかく、2016年に、民主党と維新の党が合併して規模が大きくなったのに、たいした成果はありませんでした。

結果、ただ、単に与党が行った不祥事や方針を批判するだけの政党になっているのです。

もっと、議員や官僚の身を削る政策案をださないと、国民は納得してくれません。

それほど、民主党政権時代のマイナスイメージが国民に与えた影響は大きかったのです。

立憲民主党の欠点

立憲民主党の一番致命的な点は、外国人参政権に賛成しているということです。

これは、将来、少子化で、日本人がほとんどいなくなり、外国人との混血児ができるようになれば、いずれ必要になる政策です。

しかし、今の時点で、外国人に国や地方の政治を任せるというのは、売国奴のやり方としかいいようがないのです。

このように、立憲民主党の中には、朝鮮からの帰化人が議員になっていたり、妻が外国人だった政治家までいるのです。

これでは、日本の政治が外国人に乗っ取られることになりかねません。

また、立憲民主党の支持母体は朝鮮総連や日教組が含まれています。

朝鮮人と関係の深い朝日新聞も、立憲民主党に有利な方へ偏向した記事を書きがちです。

確かに、消費税凍結など、良い点は少しありますが、売国奴に政治をまかすなら、別の野党に票を入れたほうがいいかもしれません。

社会

障害者雇用の条件改悪による水増し 企業向けの雇用義務や罰金補助金

障害者雇用の不正

今回、厚生労働省が、中央省庁で障害者雇用に対する不正を行っていたが発覚しました。

法定雇用率を障害者手帳を持っていない病人まで含めたりして、障害者雇用の条件を改悪していたのです。

詳しい条件は、2018年8月時点で障害者雇用義務が、全体の雇用者のうち、企業で2.2%、官公庁が2.5%採用することとなっています。

つまり、この法定雇用率を、中央省庁が、その雇用条件に近づけようと、障害者になりかけの職員まで含めようとしたのです。

本来なら、こういった不正は、あまり障害者雇用を知らない中小企業がやるものです。

決めつけるのは良くないことですが、障害者を雇用することで、法廷雇用率を満たし、罰金を払わなくてすむのです。

この制度は、経営環境が小規模で、業績や利益がギリギリな自転車操業の民間企業にとって、少しの罰金でも死活問題となるでしょう。

その点、コンプライアンスが整っている大企業は、人員や業績が余裕ある分、採用する障害者の受け入れ体勢もしっかりしています。

また、障害者になっても、企業側から見たら勤まるとは限らず、採用にためらう場合に、障害者の試用期間の賃金の一部を国が補助金をだして、採用の偏見を弱くするトライアル制度があります。

さらに、もし、中小企業でも、障害者をしっかり活用できる企業ならば、短時間労働でも障害者を65歳以上まで雇う見込みがあるなら、給料の一部を国が補助金としてだしてくれます。

なのに、こうした制度で企業を応援し、本来、障害者雇用のお手本を示すべき政府が、障害者雇用制度ができて以来、ずっと不正水増しを続けていたのは、あってはならないことです。

私の障害者就労経験

では、ここでは、精神障害者3級である私の障害者就労経験について話します。

ただ、この話は、かなり地方の田舎暮らしで、障害者雇用なんてやっている企業がほぼないといったケースです。

東京のように、障害者雇用が山ほどないマイナーなパターンだと思っといてください。

私は、最初に民間企業で、健常者にまじって働いていました。

その頃は、精神障害者手帳なんて取得してなかったのです。

しかし、もともと、精神障害で人を極度に恐れる被害妄想や不安、緊張に、小学生より小さい頃から悩まされた私は、その民間企業で指示の聞き間違い、高価な実験器具の破壊など、会社に損害だけをあたえる迷惑な存在でした。

結局、当然、激怒され、会社には1年しかもたず、辞職してしまいました。

私自身もおかしいと思い、精神科を受診し、統合失調症と社会不安障害の診断を受けました。

その後、半年後に、精神障害者手帳を申請し、少し経って、精神障害者手帳3級を取得し、正式に障害者になったわけです。

その後、健常者との仕事に限界を感じた私は、A型作業所という賃金が国の補助金で支払われるところで働きました。

そこでは、1ヶ月の給料が6万円で、障害年金と合わせても、とても1人暮らしはできず、生活保護に頼りがちになります。

当時、私は、実家暮らしだったので、お金の方はどうにかなりました。

お金について説明すると、障害者雇用というのは、作業所より給料は高いですが、それでも、障害年金と合わせないと1人暮らしは無理な可能性が高いです。

ただ、生活保護はギリギリ避けられるレベルと思われます。

私の場合、障害者雇用をしてくれる企業が通勤2時間以内の近くになかったので、障害者の作業所で我慢するしかありませんでした。

精神障害者雇用の現実

現在、障害者雇用の対象者は、精神障害者の数が、身体障害者、知的障害者に比べて激増しています。

そのため、国は、精神障害者も法定雇用率に参入できるよう法改正しました。

しかし、精神障害者は、気分に浮き沈みがあり、休みやすく、人への対応が苦手です。

企業側もそれを恐れてなかなか採用しません。

私も、あまりにも、人への恐怖や妄想がひどく、雑談すらできない状態で、作業所を辞めるしかありませんでした。

それで、今は、就労能力なしという診断を受け、社会的弱者として悩んでいます。

ただ、能力を活かせる人は、都会にでて、障害者雇用で頑張ってください。

社会

あおり運転の定義とは 統計や対策を通して死亡事故を考える

あおり運転の定義

あおり運転と聞くと、他人の自動車の運転をあおって、あせって運転をさせるイメージだと感じます。

もちろん、青信号でも動かない車をクラクションを鳴らしてあおる行為は、道路の適正な運行のためであり、あおり運転の意味には含まれていません。

これは、他者に向けての常識的な注意です。

では、正しいあおり運転の定義とは何なのでしょうか?

最初に、高齢者マークや初心者マークがはってある車に対して、スピードがでていないことから、道路の適正な走行速度以上のスピードで、後方から車間距離をつめる行為は、あおり運転になります。

もちろん、この行為は、特にマークの貼っていない普通の自動車に対しても、同様に、あおり運転とみなされます。

赤ちゃんが中にいたり、危険物をのせているため、スピードが出せない車に対しても、同じです。

ですので、もし前の車やバイクなどが遅すぎてイライラしているのなら、反対車線への危険な追い越しをちゃんとしたタイミングで行うか、我慢して車間距離を離しながら、スロードライブを実行するしかありません。

もちろん、スピードは遅くないのに、クラクションを連続でならしながら、後ろや横から車を急接近させるような行為は、完全なあおり運転です。

また、あおり運転を定義するうえで重要なのは、故意かどうかです。

つまり、イライラしてやった、邪魔したかったなど、わざと、相手の運転を邪魔するような行為だと認められれば、あおり運転です。

いきなり窓を開いて、おかしな挑発をしたり、タバコを投げたりする行為も同様です。

わざと、前の車が急停止を繰り返せば悪質でしょう。

もともと、車の運転は、こうした攻撃的な人や短気の人には向いていません。

しかし、就職や買い物などに自動車が必須となった世の中が、国民全員に運転を強いるのです。

ですから、自動運転を待つくらいしか、事故を極力減らした安全な運転を実現するのは困難です。

あおり運転の摘発の統計

こうしたあおり運転によって、摘発を受けた件数は予想以上に多いです。

警視庁の統計によれば、2016年のあおり運転の摘発は7625件、2015年は8173件、2014年が9581件にのぼります。

うち8割が高速道路のトラブルで起きているのです。

運転者は、ドライブレコーダーなどを使って、状況を記録し、パーキングエリアで停車して通報しているんだと考えられます。

ほとんどのあおり運転の認定は、警察に対する被害者の通報で、始まります。

あおり運転の対策

あおり運転は、現在まで厳罰化が進んでいます。

警察の対策としては、罰則を強めることで、運転の被害を抑えたいもようです。

2018年時点で、あおり運転は、車間距離不保持という罪になるようです。

そして、高速道路で罪を犯した場合には、3ヶ月の懲役か5万円以下の反則金・罰金となり、運転免許の違反点数が2点となります。

一般道路で罪を犯した場合には、5万円以下の反則金・罰金となり、運転免許の違反点数が1点となります。

さらに、あおり運転がきっかけで死亡事故や飲酒による運転をすれば、運転免許は停止か取り消しになりかねません。

個人でできる対策は、あおり運転の証拠を残すことです。

口頭の状況説明では難しいため、ドライブレコーダーや車の接触あとなどが有効な証拠になります。

ただ、一番の対策は、あおり運転してくる車を避けて逃げることです。

時間が遅くなってもいいので、遠回りになっても、交通の安全を最優先に守りましょう。

懲りずにあおってくるケースは、停車できるスペースを見つけ、警察への通報を相手に宣告しましょう。

それで、逆上して暴行してきても、罪が増えるだけです。

プロの警察官にまかせましょう。

社会

Facebookの詐欺対策 注意すべき友達申請 フィッシング詐欺やだましの手口

Facebookで起きる詐欺とは

実名を公表するため、日本では、Twitterに比べて人が集まりにくいFacebook。

住んでいる友人と関わりが深いため、住所も特定されやすいリスクはあります。

しかし、密接に人と交流できるため、レジャーでの楽しみを共有できたり、新たな友達作りもできるのです。

また、人脈も広げることもでき、新たなビジネスチャンスにすることが可能です。

ただし、広告で無理やり商品を売りつけるような詐欺まがいなことは嫌われます。

なので、多くの情報商材起業家やアフィリエイターなどは、お金目的で友達になってくることが多いです。

そういった人は、なりふりかまわず友達申請してきます。

簡単に稼ぐ方法などはまずありえないので、くれぐれも注意してください。

さらに、巧妙な手口として、メールマガジンやLineの登録をうながしたりして、洗脳して商品を売りつけたりします。

また、一番悪質な手口なのが、Facebookのアカウント乗っ取りです。

Facebookでは、アカウントのパスワードをもし忘れたときに、信用のおける友達が3人以上の許可をもらうと、パスワードを再発行してもらえるのです。

その仕組みを利用した詐欺が、アカウントの乗っ取りです。

これによって、他人がお金持ちや魅力的な美人のふりをして、友達申請をして、別の3人の友達に許可をもらってしまうと、誰でもアカウントが乗っ取られる事態に陥ってしまうのです。

乗っ取ったことに成功したアカウントを使って、友達をたくさんの顧客層とみなし、怪しいネットワークビジネスのサイトに誘導を行ったり、スパムやウィルスを含んだメールを送り、多大な被害をあたえたりします。

最悪、Facebookの個人情報を利用して、脅迫まがいのことまでやってくるかもしれません。

アカウントを乗っ取られた人は、友達の方から、不愉快な気分にさせてしまった加害者のように見られることがあり得ます。

これによって、すぐには、友情の再構築が困難になってしまうのです。

さらに、フィッシングによる個人情報の流出は危険です。

フィッシングといわれるのは、ネットから価値のある情報、つまり、個人情報を奪うための詐欺行為のことを示します。

特に、クレジットカードの番号の流出は深刻です。

いつの間にか、高い買い物をされ、多額の金銭が請求されたりしてしまいます。

最近、Twitterでもこうした悪質な詐欺が広がっています。

Facebookの詐欺対策

最初に、フィッシングから身を守るには、無料でできる魅力的なサービスやゲームなどで、個人情報を入力させられる誘惑を断ち切ることです。

必ずその情報元が悪質なサイトではないか調べましょう。

特に、クレジットカードの番号を入力するときは、そこが信用できるサイトなのかどうか、見極めることが大事です。

Facebookのアカウントが乗っ取られないようにするためには、とにかくパスワードをしっかり記録することです。

ログイン状態を維持したりして、いつのまにかパスワードを忘れないように注意してください。

とにかく、毎日、Facebookを頻繁にチェックし、乗っ取りの隙をあたえないことです。

くれぐれも、全く覚えのない投稿がされていたり、パスワードが勝手に変更されてログインできないようなことを避けるよう注意してください。

ソーシャルメディアの今後

FacebookやTwitterなどでは、偽ニュースや、偽の個人になりすます行為が頻繁に行われているため、今後、こうした悪質な行為をとりしまるべく、規制はきつくなることが予想されます。

ソーシャルメディアは、インターネットで、遠隔地にいる人でも交流できる機会をあたえるという魅力がありました。

しかし、一部のソーシャルメディアを悪用する人々によって、今後、警察の逮捕事例もありうるかもしれません。

規制がきつくなると、逆に今までの自由がなくなってしまいます。

まるで、学校で問題を起こし、禁止行為を増やしすぎて、校則にしばられすぎるようです。

本来、こうした自由な交流こそ、ソーシャルメディアの一番の魅力なのです。

金目的のために、煩悩で行動する人は一向に減りません。

人のつながりを、迷惑行為で邪魔をしてはいけないと思います。

社会

なぜ亡くなった人への黙祷に意味があるのか その起源を探る

現代の黙祷

「もくとう」と読んで、難しい漢字で黙祷とされているこの言葉。

戦前の太平洋戦争や地下鉄サリン事件などの犠牲者や、地震、津波、豪雨といった災害で亡くなった人に向けて、この黙祷という行為は行われてきました。

最近では、東日本大震災で行われたことが記憶に新しいでしょうか?

主に、過去の事故や事件、災害でたくさんの人が死亡したことを悲しみ、死者に対して使われることがあるかと思います。

子供の頃は、黙祷という行為を、特に意味も考えずにやっていた記憶が多い気がします。

ちょうど墓参りにお経を唱えながら、目をつぶって手をあわせているのと似た感じです。

親や学校の先生といった大人に教えられることもなく、ただ目を閉じて、亡くなった者に対し、心の中で成仏してくださいと思っていたり、あの世では幸せにと願っていただけです。

いつのまにか、大人になっても、周りがやっていたから、それに合わせて同じ行為をやっていた感じという印象が強いでしょう。

なぜなら、黙祷の起源や意味を考えなくても、あまり他人に迷惑がかかるわけではないからです。

だから、最近のテレビをつまらなくしている原因の常識番組では、芸能人が間違っていたとして責められたとしても、それで終わりでしょう。

一般人にとってはあまり関係がありません。

しかし、一応、大人の常識ではあるので、黙祷の起源や意味を考えて見ましょう。

黙祷の起源

黙祷の起源は、時代をさかのぼること、昔の中国までいきつきます。

過去の中国で、唐の時代の韓愈の詩に黙祷の言葉の概要があったのです。

これは、「潜心默禱若有応 豈非正直能感通」とあり、漢文や中国語のできる人なら意味は分かるかもしれません。

昔の日本でも、室町時代中期の『文明本節用集』や、江戸時代の『南総里見八犬伝』に黙祷に関する記述があった程度だとされています。

第一次世界大戦でも、予想以上に戦争が長引き、大量の戦死者がでた中、戦争が終わったあと、初めて黙祷が行われたようです。

このように、黙祷は世界規模で共通に行われていました。

日本でも、明治天皇が亡くなると、黙祷が日本で最初に行われました。

思ったより、黙祷の普及の時代は近いです。

その後、関東大震災になって、その犠牲者に対しても、黙祷が行われています。

こういった形で、現代の日本で黙祷がメジャーなものになったんですね。

以上が黙祷の起源の説明でした。

黙祷の意味

では、具体的に黙祷とはどういう意味なのでしょうか?

これは、「声を出さずに犠牲者に祈りをささげることや、手をあわせて合掌し、目をつぶって軽く頭を下げる行為を伴うもの」だとされています。

宗教的な儀式や国家の決まりごとで、黙祷は行われます。

基本的に立ってやることがほとんどです。

黙祷の時間は、普通は1分間であると決められています。

ただ、無声で目をつぶるだけの行為だと、私はずっと考えていました。

どうやら、肝心の中身が欠けていたようです。

思った以上に、多くの意味を含んだ行為なのですね。

また、黙祷の黙はだまること、黙祷の祷は祈ることを意味しています。

予想以上に、相手への願いや、手をあわせ、会釈することも意味に入っていました。

つまり、死者や神様に対して無声で祈ることなのです。

常識人だと、そこまでの思いを込めて、犠牲者への黙祷を行なっていたようです。

犠牲者の遺族だったらなおさらのことでした。

私が単に世間知らずなだけですが、黙祷には、このような深い意味がありました。

また、戦争や災害や大事件は、正直、起こってもらいたくありませんが、将来、黙祷をする機会がありそうです。

こういったことは、人間社会に身をおく以上、絶対になくなりません。

心に余裕があれば、犠牲者への祈りの気持ちを持とうと思います。

社会