Pocket

新小岩駅の人身事故について

新小岩駅とは、株や為替、商品先物、ビットコインなどの投資の失敗、事業の倒産、イジメなどで思い悩み、猛スピードで走る列車に飛び込む、人身事故で有名な自殺スポットです。

良く2ちゃんねるや5ちゃんねるの掲示板で、何かショッキングなことがあると、新小岩駅で今日飛び込み自殺をするという書き込みがあります。

突発的な自殺なので、かなり日が経ってから行われることが少ないです。

そのため、不幸なことに興味をもって、今日も新小岩駅で人身事故がないか検索してしまう人がいるのです。

こういう列車への飛び込み自殺をしてしまうと、最悪数千万円以上の損害賠償を遺族が請求されるリスクがあります。

そして、一番怖いのが、列車への飛び込み自殺で生き残ってしまった場合です。

過去の人の例を見ると、四肢はバラバラに飛んでしまい、大量出血はまぬがれません。

それに、列車にぶつかった衝撃でかすかな意識とひどい激痛を感じることがあります。

駅の職員に体の一部を含めて運んでもらい、病院に救急搬送されます。

そうして、病院に着いたら、大手術が行われます。

もちろん、切断部分を清潔に低温にすることが重要です。

時間がたちすぎたり、手足がつぶれてきれいに切断されてないと、血管や神経をつなげる手術は行うことができません。

こうして、意識が戻ると、自分の身体の一部がなくなっているショックをうけたり、体が傷だらけで感覚がなくなったり、激痛を感じたりします。

自殺未遂で後悔してもどうにもならないのです。

生き残ってしまい、病院の治療費や列車の損害額の請求で、貯金がないと、借金になってしまいます。

精神的にも身体的にも極限まで追いつめられるのです。

ただ、人身事故で身投げする人にとって、後先のことなどおかまいなしです。

目先の死による救いしか感じることができません。

新小岩駅の心霊現象

新小岩駅では、多数の方が線路で自殺をしてしまいます。

そのため、霊界にも行けず、なんども新小岩駅で自殺を試みる地縛霊がいるのです。

恐ろしいことに彼らは、自分が死んだことに気がついていません。

いくら肉体が死を迎えても、心霊として残る魂は、死をさとることができません。

うわさでは、新小岩駅で自殺しようとする人と、同じ波動がでているのを感知し、彼らを自殺にいざなおうとする心霊も珍しくありません。

それほど、自殺スポットとなっている場所は、幽霊が多そうなのです。

新小岩駅の自殺対策

新小岩駅の構内図を見て、自殺が一番多いのは、魔の3、4番線ホームです。

ここは、線路がまっすぐで電車のスピードがブレーキで落としにくい場所です。

従って、運転手が自殺を防止することは困難になります。

そして、ここを通過する列車は、成田エクスプレスという約時速120kmの速さで走る列車です。

構内図からして、自殺の多いポイントに警備員達は重点的に配置されますが、列車が飛びでた寸前に飛び込む自殺は、さすがにふせぐことはできません。

ただ、自殺するような怪しい行動にでた人物は、警備員に注意を受け、拘束されます。

JR新小岩駅側も、自殺志願者が死なないように、ほかにも色々な対策をしようとしています。

小岩駅では、通路に心をいやす動物や景色の画像をモニターで見せています。

また、線路に飛び込む人がいたら非常停止ボタンを押す説明をしるした看板や、自殺を辞めるよう説得した文章があちらこちらに見られます。

さらに、新小岩駅の電話番号ではありませんが、自殺相談を行ういのちの電話の番号が駅内で紹介されています。

駅内を流れる音楽も、リラックスをさせるものです。

そして、確実なのが、これから新小岩駅にホームドアが設置されるということです。

これにより、自殺をかなり防止することができるはずです。