蜂に刺されたら病院に行くべきか 腫れのかゆみなどへの薬の効果

Pocket



蜂の活動時期と駆除の実態

蜂だけでなく、多くの虫は、春から秋が活動時期です。

冬になると、虫を見ることはほとんどありません。

ただ、夏になると、なんとなく虫が多くなったように見えませんか?

森林で散歩やキャンプ、ゴルフをしていると、そう感じることは多いと思います。

これは、真夏こそが、虫にとって本格的な活動時期に入るためです。

やっかいなことに、人間にとって害虫とされるムカデ、ゴキブリ、蜂などは、この季節は、フルに活動してきます。

特に、蜂の中でも、日本原産オオスズメバチは、毒も強力で攻撃的です。

そのほかにも、アシナガバチやミツバチも危険です。

蜂が来ても、すぐに、防衛反応で手を使って近づくのを防いだりするのは危険です。

その時点で、蜂は毒針を出して、私達を襲ってくるでしょう。

ちなみに、蜂は非常にかたい外骨格でおおわれているため、ハエたたきぐらいの威力は必要になります。

スリッパで叩く程度では、再び飛びあがってくるので、注意してください。

しかし、蜂に攻撃をはずしてしまえば、敵だと認識して、毒針で攻撃してきます。

害虫用スプレーもありますが、失敗して飛んでカウンター攻撃をしてくる可能性がある以上、オススメしません。

やはり、窓を開けて、蜂が外におとなしく出てくるのを待つのが一番有効です。

また、外に出て、森を歩くときは、蜂の巣に近づかないように注意してください。

接近してしまうと、集団の蜂に何回も刺される可能性があります。

地震などが原因で揺らしてしまったり、声をでかくだすと、中から蜂がやってきます。

もし、家の前に蜂の巣ができた場合は、専門の駆除業者に依頼することがけんめいです。

毒針から身を守るための防護服は、必須の装備だからです。

一般人には、そこまでの準備は難しいですし、蜂の巣や幼虫の処分には困るでしょう。

せいぜい子供の自由研究に役立つ程度です。

従って、思った以上に、毒針を持つ蜂のとりあつかいには苦労すると思われます。

蜂に刺されないようにするためにも、黒い服装を攻撃する傾向にあるので、白めの外見で野外を出歩くようにしましょう。

腕や足などの露出部分は虫除けスプレーを使うようにするべきです。

蜂に刺されたらどうするか

仮に、家の中や野外で蜂に刺されてしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

最悪、ほっとくと、体内に毒に対する抗体ができ、それにより、また同じ種類の蜂に刺されたときにアレルギー反応が発生し、呼吸困難や血圧の低下をひきおこします。

この蜂毒に対するアレルギー反応をアナフィラキシーショックといいます。

ですから、2回目に蜂に刺されたときに、上記の症状がでたら、最悪、15分以内に死に至る可能性がありますので、病院に行くべきです。

それも、普通に病院に行くべきではなく、救急車を呼ぶべきでしょう。

1回目に刺された場合でも病院に行くべきですが、それまでにできる応急処置をするべきです。

まずは、蜂の毒針が残っていた場合、ピンセットやはさみ類で抜くようにしましょう。

そもそも針が残るのは、ミツバチに刺されたときだけです。

そのとき上部に毒袋が残ります。

指で抜くと、毒がよけい体内に入るので、やめたほうがいいです。

次に、毒を押し出すようにし、水で流します。

注意すべき点が、口で毒を吸わないことです。

蜂の毒はタンパク質でできています。

そのため、水に溶けやすいため、口が唾液でしびれてしまうのです。

消毒がすんだら、このままではかゆみや痛みがでてしまうので、虫刺されなどの軟膏の薬を塗ってください。

放置してしまうと、数時間、激しい痛みやかゆみに襲われます。

軟膏の薬を塗ったら、患部を冷やします。

冷やすことで血管を収縮させて、蜂の毒を広がりにくくするのです。

そして、冷やしたら痛みやかゆみを残さずに、病院に行ってください。

上記のことを行う器具や材料がないときは、病院にやってもらうべきです。

行くところは、基本的に病院の皮膚科です。

もし2回目以降、蜂に刺されたときは、アレルギー関係の専門科に受診してください。

蜂が怖くて出歩けない方

一度、蜂に刺されて生死をさまよった方は、蜂に対してトラウマを持つでしょう。

なかなか森林に気軽に散歩していたことが、冬でないとできなくなるかもしれません。

ただ、一度、毒によるアレルギー反応にかかったら、怖さで対処法や器具の準備もできますから、リスクは避けられると思います。

皆さんも、害虫に気をつけて夏をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください