夏風邪になる原因とは 頭痛やせき鼻水を予防する

Pocket



夏風邪が起こる状況と原因

暑くなってきているのに、冷房の設定温度を低く設定しすぎて、寒くなり、ついせきをだしてしまいます。

そうすると、のどがはれてしまい、夏風邪をひく原因になります。

ハクションとせきをだして、鼻の粘膜にに傷がつき、同様に、鼻水をだすことが原因でも夏風邪が発生するのです。

風邪といったら、冬の寒い季節に起きるのが普通ですが、季節の変わり目にも起きやすいのです。

日本には四季があるため、暑さから寒くなったり、寒さから暑くなると、人体が急な温度の変動でおかしくなります。

つまり、季節が変化するときは、温度が急に変わるので、自律神経のバランスに異常をきたすのです。

これが体調を崩したり、免疫の力が弱まってしまう原因となります。

ようするに、のどを痛めるウィルスと細菌への抵抗力が弱体化してしまいます。

口の中も粘膜で守られており、のどの炎症は、そのウィルスや細菌への防御反応として起きているのです。

夏風邪とは、せきや鼻水はもちろんのこと、発熱や頭痛、体のだるさを発生させる症状です。

特徴としては、夏風邪は、冬風邪に比べて長引く傾向があります。

それは、なぜかというと、暑さで体力が落ちて、免疫が弱まり、増殖した風をひきおこす細菌やウィルスが人体にとどまり、なかなか外にでないからです。

夏バテによる食欲不振で栄養不足になることも関係しています。

また、夏風邪のウィルスは薬品でも、なかなか除去されません。

さらに、仕事のストレスが重なると、免疫力が低下してしまうので注意してくださいね(゚∀゚)

それから、夏風邪になると頭痛がするという意見が多いです。

これは、どのようなことが原因で起きるのでしょうか?

最初に、夏の季節は免疫力が下がるので、発熱が起きやすいのです。

それで、人体の風邪ウィルスと戦うことになって、血管の収縮や拡張のスパンがどんどん激しくなっていくのです。

このことが、夏風邪の頭痛の原因になってしまいます。

夏風邪の予防方法

夏風邪を予防するには、まず、バランスの悪い食生活をあらためて、不規則な生活リズムを改善しましょう。

具体的には、いくら節約したいからって、炭水化物中心の食生活になってしまうことがありすますね。

これを防ぐためにも、ビタミンやカルシウム、タンパク質も適度に摂取する必要があります。

自炊ができないなら、栄養表示をよく見てレトルト食品を選んだり、サプリメントでたりない栄養を補給するのがオススメです。

次に、残業で夜遅くに帰ったとしても、できるだけ規則正しい生活を心がけてください。

環境さえ整えば、睡眠をしっかりとることが重要になります。

そして、子供の頃から言われている常識ですが、うがいと手洗いは、外にでたらやるようにしましょう。

私含めて、以外に守られていないことが多いです(-.-;)

夏風邪になった場合の対策

では、実際に夏風邪になってしまったらどうすればいいのでしょうか?

対策として、症状がでたら、症状を軽くみたりせず、すぐに市販の薬を飲んでください。

頭痛で苦しく発熱がでるまでに、鼻水やのどの痛みの最初のサインがでたら、すぐ治療することが重要です。

メジャーな薬でも、いいので飲めば、頭痛はおさまってくると思います。

もし夏風邪を長引かせてしまった場合は、免疫を高めることが有効です。

特に、腸内の免疫細胞は全体の免疫細胞の6割を占めています。

つまり、腸内環境改善が免疫力を高めることにつながるのです。

この場合、毎日、できるだけヨーグルトを食べるようにしてください。

夏風邪は、伝染力が強くて、治りにくい病気です。

身近な人にうつさないようにマスクをして、安静にしてくださいね!

以上が、夏風邪を治すうえでの注意すべき点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください