学校や社会のいじめの内容と原因 相談できない被害者に問題あるのか

Pocket



いじめの内容とは

日本社会には、村社会といわれているように、いまだにいじめが頻発しています。

いじめは、自分より弱いと認識したものを暴言や暴力で精神的肉体的苦痛をあたえることです。

ただ、現在では、昔と違って、教師から見て気づきやすい、傷口や物音などが分かりやすいいじめは少なくなりました。

会社員なら暴行罪で逮捕され、懲戒免職になる恐れがあります。

ヤンキーも少なくなり、いじめは陰湿で周りにばれないようなものに変わっているのです。

椅子にがびょうを置いたり、机や教科書、ノートに落書きされたりします。

暴力もバレやすい顔を傷つけず、攻撃することが多いです。

ロッカーに閉じ込めたり、水を全身にかけられたりします。

上ばきや体操服などは隠されてしまうか、捨てられます。

弁当はぐちゃぐちゃににされ、悪質なものだと、動物の死骸を入れられることがあります。

学校の生徒は、いじめられているとなかなか告発することはできません。

親にバレてしまうことが怖いこともあるし、なにせ、今後、学校に行きづらくなってしまうからです。

相手が何も言ってこないこともいいことに、いじめはどんどんエスカレートしていきます。

最悪、いじめ自殺や殺人事件にも発展してしまうのです。

これは、大人の社会でも起こりえます。

仕事ができないと、上司や同僚に追いつめられます。

不正をした場合は、一番下の人に責任を押しつけられるのです。

そして、結果的に、会社や官庁などの組織に殺されるといった内容となります。

さらに、特典として過労死がついてきます。

手本となるべき大人の社会がこのザマなのですから、子供の教育がうまくいくはずがありません。

いじめの原因について

人がいじめられるのは、見た目が弱そうであったり、容姿が悪いことも理由としてあげられます。

良く黒板に弱者の顔面が書かれ、笑い者にされてしまうのです。

本人も、容姿が悪いことにコンプレックスを持ち、抵抗する力を失います。

逆に、親には不細工に産んだことへの激しい憎悪がわいてきます。

なにせ、まとまったお金がないと、整形手術も難しいのですから、子供にはハードルが高いです。

また、勉強や実習の成績が悪く、頭が悪かったりすると、馬鹿にされがちです。

これが、野球やバスケットなどの運動や、特に大なわとびなどの集団競技で足をひっぱってしまうと、いじめの原因になってしまうのです。

次に、特別支援学級か養護学校に入らないギリギリのグレーゾーンの認知障害の子供は、短期記憶やコミュニケーションが弱く、いじめにあいやすいです。

なぜなら、不祥事で議員辞職した野々村議員のように、耳が聞こえにくかったり、受け答えも不自然だったりするからです。

対人恐怖症や多汗症、抜け毛などの特性を持った人も、学校に不適応だったりします。

雑談ができない人も会社や学校で孤立してしまいます。

いじめられる側にも原因はあるのか

残念ながら、人間社会には、もとは、弱肉強食の動物から進化したこともあり、ある種の優生思想がはたらいています。

なので、見た目が美男美女でお金持ちなら、いじめを受けにくいのは事実です。

さらに、仕事ができるほど、小さい頃から脳が正常に発達し、作業能力が高いと、周りから歓迎されます。

貧乏で食べ方も汚くて、ブサイクで運動もできない人は、スクールカーストで下位にランクインされてしまうのです。

なので、いじめられる側にも原因はあり、いじめを受けざるをえないのも認めるしかありません。

その原因が生まれつきのものであり、努力で変えられないと、かなりやっかいです。

これから、ブサイクで貧乏な人はなかなか子孫を残せない社会になります。

これは、過去の強制の意味合いがあった見合い結婚が崩壊したからです。

従って、平均収入以上の子供と労働力不足で入ってくる外国人労働者の子供との競争社会になっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください