Pocket

インフルエンザの種類

暖かい季節も終わり、冬が近づいてくると、インフルエンザのことが話題になります。

でも、インフルエンザについて種類があるなんて、あまり良く知らない人は多いでしょう。

インフルエンザは、大きく分けて、A型、B型、C型に分けられます。

まず、つらいインフルエンザの代表ともいわれるのが、A型インフルエンザです。

主な症状は、38℃以上の高熱をまねいたり、脳や肺の炎症などの合併症が起こったり、のどが痛すぎて食事が困難になったりします。

もちろん、動くことも、関節や筋肉の痛みによって困難になってくるのです。

流行も全世界に広がっており、ウィルスの形も。毎回、変わってくるため、対処が難しくなります。

従って、一度、A型インフルエンザにかかり、免疫ができても、役に立たない可能性があります。

次に、B型インフルエンザは、症状そのものは、風邪に似ており、たいしたことはないかもしれません。

ただし、おなかの下痢や腹痛がすさまじいといわれています。

なので、普段、おなかが弱い人にとっては、深刻な種類のインフルエンザとなります。

このインフルエンザの流行具合は、そんなに強くありません。

そして、C型インフルエンザは、一度、発症すると、最後まで免疫が通用するといわれています。

症状も、風邪に似ており、小児がかかりやすいといわれています。

以上が、インフルエンザの種類についての説明ですが、やはり、一番やっかいだとされているのが、A型インフルエンザウィルスです。

人体へのダメージも強く、感染しやすいインフルエンザだからです。

良くメデイアで、インフルエンザの新型ワクチン開発の当たりハズレが話題になるのは、このインフルエンザウィルスとなります。

インフルエンザの特徴

インフルエンザの特徴として、風邪と違ってくるのは、全身の痛みです。

その中でも、インフルエンザの頭痛がもっともひどいものとなります。

五感をつかさどる脳が頭痛でやられるのですから、動く気にもなりません。

私も、頭痛とは違いますが、半年近く変えないため、変形したとがった歯ブラシで、歯茎を深く切ったとき、激痛で動けなかったくらいです。

そんなときは、薬局で売られている鎮痛剤を飲むことをお勧めします。

飲むだけで痛みの感覚が麻痺し、一定期間は、快適な生活がおくれます。

しかし、解熱作用が根本的な治療の邪魔になったりするので、すぐ専門の病院に行くのがベストです。

話を戻すと、インフルエンザの頭痛の原因は、インフルエンザウィルスが体内に侵入したときにできるプロスタグランジンと呼ばれるものです。

プロスタグランジンが、ウィルスを、増やさないために、血管を広げ、血の流れを激しくし、発熱を悪化させます。

これにより、インフルエンザ特有の激しい頭痛が起きてしまうのです。

今後のインフルエンザの状況

これから先、インフルエンザで予想される状況は、やはり、新型ウィルスと新型ワクチンの終わらない競争です。

小児の段階で、ワクチンを打って、今後、一生、インフルエンザにかからなければいいのですが、そういうわけにもいきません。

過去に、鳥インフルエンザや豚インフルエンザのように、世界中に広まっている感染力の高い病気を完治することは、まず無理です。

どうしても、新型インフルエンザウィルスが先にでて、それに対応するワクチンが後手にまわってしまいます。

なので、長期間、インフルエンザに悩まされる人は、必ずでてくるということです。

今年の最新のインフルエンザやワクチンが話題になりますが、それは毎年更新されます。

インフルエンザを予防するには、きめ細やかな手洗いをしたり、十分な睡眠と体調管理で免疫力を高めておくことが重要です。

予防接種もさぼらず、必ず受けるようにしてください。